太川陽介&蛭子能収の「バス旅」復活第2弾が6月6日放送。ファンからの賛否両論とは

 Xserver

 太川陽介蛭子能収の名コンビによる「バス旅」復活版が、去る5月16日に放送されました。ファンの間でも賛否両論だったようです。

 これは、今年4月にスタートした『太川蛭子の旅バラ』(テレビ東京、毎週木曜夜6時55分~)の第4回目にあたります。この番組、1~3回は「ローカル鉄道の旅」だったのですが視聴率がパッとせず、「バス旅」を復活させたのです。大人気だった太川&蛭子の『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(2007~2017年)が、2年4ケ月ぶりに復活、というわけです。

 次の「バス旅」は、高尾山~諏訪湖ですでに6月6日放送が予告されています。楽しみにしているファンも多いのでは?

◆復活した「バス旅」第一弾のルールは

 そこで今回の『バス旅』復活版で見えてきたことを、バス旅マニアである筆者が検証してみようと思います(ここから先はネタバレになるので、動画配信などでこれから見る人はご注意を)。

 まずは今回の復活に際しての旅の新ルールからおさらい(第2弾が同じルールかはわかりませんが)。

1)ローカル路線バスのみを乗り継ぎ、1泊2日でゴールを目指す。

2)インターネットなどによるルート探しや宿泊先情報の収集は禁止。地図や時刻表、案内所や地元の人からの聞き込みはOKで、それらを元にルートを決める。

3)路線バスが繋がらない区間は1万円までタクシーの利用が可。

 以上の3つが基本ルール。

 さらにこれはルールではありませんが、今回からどうやらマドンナ(一緒に旅するゲストの女性)は、2名体制というのが基本スタンスのようです。

◆2年半のブランクでも無事ゴール

 復活第1弾のルートは、山形県余目駅をスタートし、岩手県宮古市がゴール。宮古市田老駅に、翌日の18時までにたどり着かなければなりません。そして途中でチェックポイントとして秋田県仙北市・角館に立ち寄る必要がある……というコースでした。

 そして結果は……みごと成功。復活第1弾に華を添える形となりました。

 過去の「バス旅」は3泊4日でしたが、1泊2日へと短縮されました。ですが、あまり「苛酷な旅」といった雰囲気は感じられませんでした。途中、立ち寄るチェックポイントがあったせいでしょう。

 いくら太川&蛭子のレジェンドバス旅コンビとはいえ、約2年4カ月のブランクはやはり大きく、制作側があえてチェックポイントを置いたと思われます。というのも、山形から岩手に抜けるルートはさまざま考えられたはずですが、チェックポイントを設けたことで、“角館経由”というルート1点に絞ることが出できたからです。

◆マドンナは中川翔子だけでよかったのでは…

 今回から始まった「マドンナ2人体制」は、ちょっと疑問でした。1日目はかたせ梨乃、2日目は中川翔子。でも、マドンナが入れ替わることで“旅の仲間感”が断ち切られてしまうのです。

 初日のマドンナだったかたせ梨乃は大女優らしくバスの乗り方すら分からず、何から何までリーダーの太川にお任せ状態。逆に2日目のマドンナだった中川翔子は以前から『バス旅』ファンで「この番組に出たかった」というほどの熱の入れよう。温度差が激しすぎたのです。

 それならば最初から中川翔子1人だけで良かったのでは……と思ってしまいます。

 次は「1万円までタクシー利用可」という新ルールについてです。スタッフサイドとしては一度で全部使い切るのか、後に備えてタクシー代を残すのかの判断を、見どころの一つにしたかったと思われます。事実、「使い切る派」の太川と、「後に残したい派」の蛭子でちょっとした口論が起きたほどです。

 これも、1人のマドンナが2日間一緒だったほうが議論に参加できて盛り上がったでしょう。

◆「バス旅」マニアが感動した、懐かしのバス亭

 とはいえ、「ああ、これがバス旅だよな~~」と思わせる感動的な部分もありました。

 それは1日目。当初の目的地であった大曲まで行かずに、途中の「六郷高校入り口」で下車した場面です。これはリーダー・太川の判断によるものですが、実はこの「六郷高校入口」というバス停は『バス旅』第15弾(2013年)にも登場しており、ここで降りたほうがチェックポイント=角館にショートカットで進める重要な地点。コアなバス旅ファンなら知ってて当然の場所なのです。

『バス旅』は正解ルートを推理しながら観るとより楽しめるのですが、この六郷高校入口が登場した地点で太川さんが過去の記憶を覚えていて、そこで途中下車したというナイスジャッジにファンは喝采したわけなのです。

 こうして復活した『バス旅』ですが、1泊2日の行程を2時間で紹介したこともあって、割りとまったりとした内容となっていました。『いい旅夢気分』とまではいきませんが、グルメや観光地への立ち寄り場面も目立っていて、“ガチンコ感”や“苛酷さ”の度合いはかなり低かった印象です(ただ、それで『バス旅Z』=新コンビ、俳優・田中要次と作家・羽田圭介によるバス旅番組=との違いが明確になっているのですが)。

 さて、6月6日放送の「バス旅」復活第2弾、高尾山~諏訪湖編はどうなるでしょうか? 今回の復活第1弾は単なるウオーミングアップだったと考えつつ、太川&蛭子コンビの本領発揮に期待したいです。 

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント