原田龍二のカーセックス不倫がゲスすぎ!! 「ムッチムチのお尻」求めるオジLINEも…浮気相手への塩対応でリークされた芸能人

 Xserver

 「週刊文春」(文藝春秋)が、“子煩悩キャラ”および銭湯マッチョで知られる既婚俳優・原田龍二の“カーセックス不倫”を報じた。そこにはあまりに雑すぎる扱いを受けた浮気女性たちの怒りが渦巻いている。

 同誌には原田龍二の浮気相手の女性たちによるリークが寄せられていたという。そのうちの1人である“B子さん”は、「ほとんどは彼の車。いつもの場所に駐車したらすぐ後ろの席に移ってきて下半身をポロン。終われば最寄り駅まで送られてバイバイ。虚しくなり、連絡を断ちました」と打ち明けている。

 B子さんの告発を受けて原田を追った同誌は、実際に愛車の「ランドクルーザー」で別の女性・A子さんと“コト”に及んでいる場面に遭遇。郊外にあるスポーツ公園の脇道に車を止めていたという。取材班の直撃を受けた原田は、「お二人で何をしていたのでしょうか?」との質問にあっさり観念、「……してはいけないことですね」と認めた。

 記事の内容を見る限り、清々しいまでの“ヤリ目”っぷり。原田龍二は複数の浮気相手に同じようなワリキリカーセックスを求めていたそうだ。A子さんもB子さんも、もともとは原田のファン。ファンを食い物にしたとの謗りを受けても仕方がないだろう。

 さらに原田龍二から女性へのLINEも流出。原田は「なんか写真ちょうだい(秘)」「おまえの体見たい(ハート)」「お尻」「ムッチムチの(ハート顔文字)」と連投しており、いかにも典型的なオジさんLINEだとして話題になっている。

 自分の都合で女性たちを呼び出し、舐めさせて10分で終了という手口を見る限り、原田はカーセックスが大好きなワケではなく、ただ単にケチで自分勝手なだけだろう。射精目的なら性風俗を利用すればいいものを、ファン心理につけこんでヤリ捨てているのだからタチが悪い。こんな浮気をしてたらいつかリークされるのは当たり前だ。そのことは過去、多くの男性芸能人が明らかにしている。

 原田龍二のゲスっぷりを、俳優・袴田吉彦の“アパ不倫”と比べる声もあるが、袴田も不倫相手のグラビアアイドルに、逢瀬の様子やLINEのやり取りなどを週刊誌リークされた。「週刊新潮」(新潮社)が掲載した女性の証言によると、袴田は友人名義のメンバーズカードで格安なアパホテルを利用していたという。しかしよほど金欠だったのかドケチなのか、袴田がホテル代を払ったのは最初の4、5回だけ。それ以降は自分で払わないだけでなく、彼女の友達にまで“タクシー代”を借りていたそうだ。

 しかしある日を境に、袴田からの連絡は完全に途絶えたとのこと。公開されたLINEでも袴田は、「よしくんとはもう会えないの?」と言う彼女に「ぺこり」と書かれたスタンプを返すだけ。このやり取りだけでも、非常にそっけない態度が伝わってくる。アフターケアを怠ってリスクを負うのは自分自身だということくらい、考えなくてもわかりそうなものだが……。

 ゲスいといえば、ちょっと売れた芸人たちも女性を雑に扱い、復讐の暴露を受けている。パンサーの尾形貴弘は一般女性に「私は尾形のATMだった」と告発されて、トータルテンボス大村朋宏は不倫相手を「(嫁にバレたら)あの世で呪う」などと恫喝したことがリークされた。また8.6秒バズーカーのはまやねんは、生理中の不倫相手に「口でええよ」と要求するなどデリヘル扱い、こちらもLINEのやり取りなどを週刊誌に持ち込まれている。

 不倫であっても人と人との関係。敬意に欠ければ相手は傷つく。不倫相手だと思ってナメた態度をとっているとどのような目に合うか、そろそろ学んでいただきたいものだ。 

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント