ピエール瀧被告6月5日初公判「情状証人」は石野卓球なのか

 Xserver

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪で起訴された「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧被告(52=本名・瀧正則)の初公判が、いよいよ6月5日に東京地裁で開かれる。

 瀧被告は起訴事実を全面的に認めているため、即日結審もありそうだ。

「初公判は、傍聴券を求めるマスコミと電気グルーブのファンが列をなすことになりそうです。ただ、清原和博酒井法子の時みたいな驚異的な抽選倍率は考えにくい」(司法担当記者)

 2016年の清原の初公判時は20の一般傍聴席を求めて3769人が東京地裁に集結し、抽選倍率は約188倍に上った。14年のASKAの初公判の抽選倍率は約126倍。瀧被告の初公判も100倍に届くかが注目される。

 もうひとつの注目は、情状証人の存在だ。清原の初公判では“大魔神”こと親友の佐々木主浩が出廷した。

「瀧被告は離婚したわけでなく、4月の保釈後も薬物の治療のために通院しながら、家族と過ごしている伝えられています。なので、情状証人は今後も彼の更生をサポートしていく妻が引き受けると思います。ただ、電気グルーブの相方で親友でもある石野卓球が出廷するのではないか、との見方もある。石野は瀧被告の音楽活動を支えながら社会復帰を助けていくと見られている人物です。彼も情状証人として出廷する可能性があるでしょう」(芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏)

 少なくとも電気グルーブのファンは傍聴券を求め、東京地裁に殺到しそうだ。  

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント