森下悠里さん 酔った勢いで“リアル投稿”しファンと遭遇!

 Xserver

【今だから語れる涙と笑いの酒人生】

 グラビアモデル、タレントとして活躍し、数々の写真集をヒットさせた森下悠里さん(34)。昨年2月、長女を出産、ママドルとしても注目されている。妊娠・出産でアルコールは控えめだが、もともとは酒席が大好き!

  ◇  ◇  ◇

「悠里ちゃん。本当に来てたんですね」

 4年ほど前、青森県三沢市の高級温泉旅館「青森屋」さんでのことです。夕食を終えて、客室に戻ろうとエレベーターに乗り、宿泊フロアの扉が開いた途端、目の前に私のファンだという40代前半の男性が女の子連れで立っていたんです。

 本当にビックリ。思わず目が真ん丸になっちゃいました。だって、ほんの数分前、私がインスタグラムにアップしたばかりの写真に「僕もいますよ」ってコメントを書き込んでくれた、そのご当人だったからです。

■リアルタイムの投稿は厳禁なのに

 その日、親友の女性旅行ライターさんに同行して、初めて青森屋さんに宿泊。ここは22万坪もの敷地に牧場まであり、館内には色鮮やかなねぶた(山車)、そして津軽三味線や青森ならではの民謡ライブも。

 もちろん露天風呂も気持ちよく、夕食も見栄えがしておいしい。どこを切り取ってもインスタ映えするものですから、何百枚も写真を撮りました。

 となれば、お酒もすすんじゃいます。普段はワインや日本酒をグラスで1、2杯のところ、ついついグラスを重ね、テンションは上がりっ放し。その勢いで、インスタに写真をアップしたら、すぐに彼がコメントをくれたというわけです。

 実はインスタに限らずツイッターフェイスブックなどのSNSに、リアルタイムでアップするのはマネジャーさんから厳禁されています。

 というのは、居場所を特定されるとストーカーをされたり、場合によっては留守を狙った泥棒被害に遭うかもしれないから。私は帰路の車中や帰宅後にアップするようにしているんですが、私に限らず、SNSをされてる女性芸能人は同様な対策をされてるはずですよ。

 それなのに、その夜は楽しくて、きれいな写真がたくさん撮れて、お酒が入ってすっごくご機嫌。つい我を忘れてしまいました。

 最初にコメントをいただいた時、プロフィルの写真を確認したらムキムキ系のイカツイ感じだったので「ウワッ、大失敗」って少し青くなったんですね。酔いもスーッとさめちゃった(笑い)。でも、「館内は広いし、さくさく客室に戻れば会わないだろう」と思ってたら、狙いすましたようにビンゴ! 余計に驚いたわけです。

 ただ、その方はプロフィル写真とは大違い。にこやかで、たとえるなら芋洗坂係長みたいな雰囲気。プロフィル写真で損してるタイプです。そして「一緒に写真を」とのことでツーショットをパチリ。4、5歳ぐらいの女の子は「パパ、この人、だれ?」って上目遣いで見上げ、すごくいぶかしげでしたけどね(笑い)。

■忘れられない“篠山紀信がごちそうしてくれたワイン”

 もうひとつ忘れられないのは11年前に篠山紀信さんにごちそうしていただいたワインです。

 紀信さんにはこれまで男性誌の表紙やグラビア撮影で何度もお世話になってるのですが、一番印象的なのが2008年2月にリリースした「Digi+KISHIN magazine(デジ・キシン・マガジン)森下悠里」です。この写真集は業界内での評価も高く、原宿で写真展を開催しました。

 その打ち上げで乃木坂のフレンチレストランで私の友人と一緒にごちそになったのです。

 紀信さんと食事をするだけでも光栄で、お店に行く前から心臓はドキドキバクバク。どのお料理もおいしく、もちろん紀信さんがセレクトしたワインもお料理にぴったりです。

 料理もワインにもお詳しく、それでいて大御所なのに気取ったところがありません。飲み方がきれいというか、スッスッと口に運び、気がついたらボトル1本空いてるって感じでした。

 ただ、残念なのは何種類かのワインを楽しませていただいたのに銘柄を覚えてないこと。

 いつもなら断片的にでもボルドーだとかブルゴーニュだとか覚えてるのに、記憶にあるのは「すごくおいしかった」ことだけ。きっと夢のようなひと時だったからでしょうね。 

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント