“バブリーダンス”伊原六花 NHK「なつぞら」“失速”東京編の起爆剤に

 Xserver

 東京編になってから視聴率にブレーキがかかっているNHK朝ドラ「なつぞら」の起爆剤かもしれない。3日の放送で、ヒロイン・広瀬すず(21)が入社したアニメ会社「東洋動画」の先輩社員、森田桃代(通称 モモッチ)役で登場した伊原六花(20)のことだ。

 早速、ネット上には〈可愛い〉〈まっすぐ育ってほしい〉〈今後が楽しみ〉など微笑ましい感想が寄せられ、〈バブリーダンスの子か〉というコメントも。

 伊原といえば、大阪府登美丘高校ダンス部の元キャプテン。自身がセンターを務め、全国大会で披露した荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」に合わせて踊る“バブリーダンス”で話題に。高校在学中に現在所属する芸能事務所「フォスター」にスカウトされた。

「伊原は高校卒業後に上京し、本格的に女優活動をスタート。バラエティー番組に出演しても、しばらくは高校時代ほどのインパクトは残せませんでしたが、土屋太鳳主演の『チア☆ダン』(TBS系)でドラマデビューした辺りから風向きが変わりました。ダンスで鍛えたキレのある動きはもちろんですが、幼いころからミュージカルに出演していただけあって、演技力は申し分ありません。今回は、『フォスター・プラス』に所属するヒロイン広瀬とのバーター出演でしょうが、世間にアピールする絶好のチャンスでしょう」(芸能プロ関係者)

■視聴者の“親心”も伊原六花に向かう?

 今年に入ってから伊原は、「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系)をはじめ4本のドラマに出演。21日からは主演映画「明治東亰恋伽」の公開が控えている。「なつぞら」出演でさらなる飛躍が期待できるのか。

「これで東京編も楽しみになってきました」と、コラムニストの桧山珠美氏がこう続ける。

「バブリーダンスが名刺代わりだった伊原さんですが、視聴者からその記憶が消えても今後は売れていくでしょう。高校生時代と雰囲気が変わっていたので、伊原さんだと気づかなかった視聴者は少なくなかったと思います。作業をしながらのセリフは難しいのですが、彼女は違和感なくこなしていた。視聴者にインパクトを与えたと思います。後からネットニュースなどを見て『バブリーダンスのあの子か!』と気付いた人が多かったのでは」

 ヒロインが広瀬という売れっ子だったことも、伊原にとっては追い風のようだ。

「本来の朝ドラの楽しみ方は、無名のヒロインを応援しながら“育てる”こと。しかし、広瀬さんはすでに多くの作品で主役として活躍しています。本来、ヒロインに集まるはずの視聴者の“親心”が、親しみやすく可愛らしさもある伊原さんに向かうかもしれません」(桧山氏)

 ヒロインの幼少時代を演じた粟野咲莉(8)や、学生時代の友人役を演じた冨田望生(19)はすでに足跡を残したが、どうやら伊原六花も続きそうだ。 

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

【ポーラ】最高峰B.A の日中用クリーム