『なつぞら』広瀬すずを忘れるよう迫られる吉沢亮に視聴者「切ない」の声

 飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

 広瀬すず主演のNHK連続テレビ小説なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜8時ほか)の第10週「なつよ、絵に命を与えよ」(第59回)が7日に放送され、天陽(吉沢亮)が母・タミ(小林綾子)からなつを忘れるよう忠告されるシーンに、SNS上には「切ないねぇ」「他の彼女見つけちゃうのか」「キツイな…」などの声が寄せられた。 仲(井浦新)からアニメーターになるための試験を受けないかと言われたなつ(広瀬)。それからなつは、1ヵ月後に迫った試験のために寝る間も惜しんで絵を描き続ける。ある日の昼休み、中庭で人々の似顔絵を描いているところに、陽平(犬飼貴丈)が駆け寄り、十勝で農業をしながら絵を描き続ける天陽(吉沢)の近況を伝える。

 馬の絵で帯広の展覧会で賞をとった天陽。彼は受賞式の壇上で「畑で作る作物や牛乳はその時々で値段が違います。それを受け入れなくちゃなりません。でも僕の絵だけは何も変わらないつもりです」と晴れ晴れとした表情でスピーチをする。久々に登場した天陽の姿に、SNS上には「天陽くんだ!! 久しぶりの天陽くんだ!! おめでとう天陽くん!!」「地元で純粋に絵を描き続けている天陽が一番まとも」「立派なスピーチ」などのコメントが寄せられた。

 受賞後、天陽が夕食を食べていると、タミは「十勝に戻らない覚悟をして、なっちゃんは行ったんじゃないの? あんたの気持ちもわかっていながら、捨てたんでしょうや」と言い放つ。

 さらに父・正治(戸次重幸)も「お前も早く、お前の家族を作れ」と忠告。そしてタミが再び「天陽、なっちゃんのことは…もう忘れてちょうだい」と語りかけると、天陽は複雑な表情を浮かべて黙ってしまう。このシーンに視聴者からは「久しぶりに出てきたと思ったら…天陽くん切ないねぇ」「天陽他の彼女見つけちゃうのかなぁ…」「切ねえええ!!」「親に失恋勧められるの結構キツイな…」などのツイートが寄せられた。 

Xserver

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント