川崎殺傷事件で松本人志が暴発、「不良品同士でやりあってほしい」の“真意”とは?

 飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

 6月2日放送『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志の発した言葉が物議をかもしている。川崎の殺傷事件について扱った流れのなかで松本人志はこのように発言した。

<僕は人間が生まれてくるなかでどうしても不良品っていうのは何万個に一個(ある)。これは絶対に僕はしょうがないと思うんですよね。それを何十万個、何百万個にひとつぐらいに減らすことはできるのかなっていう、みんなの努力で。まあ、正直、こういう人たちはいますから絶対数、もうその人たち同士でやりあってほしいっすけどね>

 この乱暴な意見に、ネット上では批判が殺到。すると松本人志は「ひきこもりが不良品と言ったのではなく、凶悪犯罪者は人として不良品と言った」と弁明するツイートを投稿。

 しかし“凶悪犯罪者は人として不良品”という意図であるとしても、上記発言の乱暴さは一向に変わらない。「残虐な事件を起こす人間は、生まれたときからすでに罪を犯すと決まっている」とでも言わんばかりの、優生思想に直結する度し難い言葉だからだ。

 収録放送であるにもかかわらず、この発言をそのまま流した『ワイドナショー』のスタッフは、そのことに気づいていないのだろうか。いや、『ワイドナショー』ばかりではない。松本人志ほど直接的な暴言でなくとも、テレビをはじめとしたマスメディアでは「死ぬのならばひとりで死ね」といった趣旨の発言が横行している。

ワイドショーは「死ぬなら一人で死ね」の大合唱
 たとえば、安藤優子氏は<1人で自分の命を絶てば済むことじゃないですか>と発言。また、立川志らくも<1人で死んでくれよって>と、暴言を躊躇わない。

 殺傷事件の犯人が許しがたい罪を犯したことは間違いないが、犯人に近い属性の人々を十把一絡げに扱うような報道の中で、このような暴論を公共の電波を通じて流布することが、何をもたらすのか。

 6月1日付朝日新聞で、精神科医の片田珠美氏は<別の自殺や事件の引き金となる危険性がある><『自分を見放す社会が腹立たしい。最後に一矢報いてやろう』と考え、拡大自殺を引き起こす恐れがある>と警鐘を鳴らしている。

太田光の告白「自分も死を考えたことがある」  なぜ、他の人を巻き添えにする行為はもとより、その人自身の自殺を食い止めるためにはどうすればいいかというところに話が向かわないのか。それどころか、「死ぬなら一人で死ね」という暴言がなんの違和感もなく垂れ流され、終いには優生思想そのものの発言まで飛び出した。

 「死ぬなら一人で死ね」などという感情論は、多かれ少なかれこの社会に絶望している人々を追い詰める言葉でしかない。それはメディアで不特定多数の人に届けるべきメッセージなのだろうか。

 そんななか、2日放送『サンデー・ジャポン』(TBS系)で爆笑問題太田光が語った言葉は、松本人志らのものとは対極的だった。

 太田は真剣な表情で<ひとりで死ねっていう気持ちも、それは要するに、つまり甘えるなってことだと思うんだけど、この犯人の場合は、要は、自分も死ぬわけじゃないですか。自分の命も大して重く見ていないというか、自分が思っているような自分じゃなかったんだと思うんだよね>としたうえで、自分自身もこのような考えに陥ったことがあると語った。

<でも、これって特定の病気っていうわけではなくて、こういう思いに駆られることって誰しもがあって、俺なんか(犯人と)同じ50代ですけど、高校生ぐらいのときに、何にも感動できなくなったことがあったんですよ。物を食べても味もしない。そのときに『このまま死んでもいいな』っていうぐらいまで行くんだけど、そうなってしまうと人の命も、自分がそうなら、人の命だってそれは大切だとは思えないよね>

 太田は川崎殺傷事件の犯人を「生まれながらのモンスター」と決めつけてはいない。命を軽んじてしまうような状況に陥る可能性は誰にでもあり、太田自身も例外ではなかったと語る。

 太田が自死を選ばず他者への殺傷行為にも及ばなかったのは、ほんの些細なきっかけだった。自分の命も他人の命も大切だと思えるようになった出来事について、太田はこのように振り返る。

<そのとき俺は、たまたま美術館に行ってピカソの絵を見たときに、急に感動が戻ってきたの。なにを見ても感動できなかったんだけど、ピカソを理解できたってわけじゃないんだけど、そのときの俺には『こんな自由でいいんだ、表現って!』ということで、それからいろんなことに感動して、いろんなものを好きになる。
 好きになるってことは結局それって、それに気付けた自分が好きになるってことで、それっていうのは人でも文学でも映画でもなんでもいいんだけど、そういうことに心を動かされた自分って捨てたもんじゃないなって思うと、他の生きている生物や人間たちの命もやっぱり捨てたもんじゃないなって思える>

 これを聞いたテリー伊藤が<太田さんは自分ひとりで見つけることができたじゃない? 彼みたいな人はそれができなかった>と返すと、太田はすぐさま<俺はすぐ近くにいると思うのね。彼のような人が>と語り、このように続けた。

<『自分は死んでもいい』って思っている人は、もうちょっと先にそれを見つけられる、すぐ近くにあるよってことを知ってほしい。きっかけさえあればって思うんだよね>

 太田の言うように、「他人事だ」「勝手に死ね」と突き放す姿勢を取るのではなく、「変わるきっかけはすぐ近くにある」と認識できるよう励ますことが、そこから抜け出す契機につながる。凶悪犯を徹底的に非難することは簡単だが、その役割を率先して担うのがマスメディアでいいのだろうか。ギリギリのところで踏みとどまっている人が絶望の崖から戻れるよう、怒りや哀れみではない視点を提示することこそ、今、必要なはずだ。

 この世の中には性善説の人が多い何故ならその方が他から見れば良い人に見られるし楽だから、下手に性悪説だと言ってみなさい、そんな生き方って寂しくないかと言われる、性善説だったらろくに教育しなくても人の物を取ったり殺したりしない人は元々悪いもの持っているから教育しなければいけないのだ。 

Xserver

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント