元清純派女優・津山登志子さん、そううつ病に苦しんだ日々

 飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

 歌手・角川博の元妻で、1970年代に清純派女優として活躍した津山登志子さんが(65)が7日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)に出演し、精神疾患に苦しめられてきたことなどを告白した。

 津山さんは1980年、26歳のときに角川と結婚し、芸能活動を休止。1年後に一人娘の来未さんを授かり、インターナショナルスクールに通わせるなど教育に熱心だった。しかし96年に離婚。慰謝料はもらわない代わりに、来未さんの親権だけは譲らなかった。

 異変が起きたのは2001年、来未さんに恋人ができてからで、娘から紹介された彼氏に津山さんは「死ね」と書いたメールを送りつけたという。怒った来未さんに「あんな男はだめ」と別れるよう迫り、その後も来未さんの交際相手にことごとく同じ対応をしてきた。来未さんは高校を卒業後、母親から逃げるように海外へ渡り、マレーシアで現在の夫と結婚。11年から2人の子供とともに家族4人で日本で生活しているが、この夫に対しても津山さんの嫌がらせは続いた。

 その後、津山さんは睡眠薬で自殺を図ったことなどから病院に連れていかれ「後双極性障害(そううつ病)」と診断されて3年間、精神病棟に入院。約2年前に退院した。直後に来未さんの自宅を訪れ、過去を謝罪。来未さんは許さなかったが、マレーシア人の夫が「ファミリーなんだから」と受け入れ、現在は交流が続いているという。 

Xserver

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント