来年NHK大河は“鉄板”戦国もの テレ朝「ポツン」が戦々恐々

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 ついに7%割れで“危険水域”とも報じられている――。

 NHK大河ドラマ「いだてん」(日曜夜8時)の話。9日に放送された第22回の平均視聴率は6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で過去最低を更新した。

「初回こそ視聴率15.5%とまずまずのスタートでしたが、その後は徐々に下降し、第16回の放送では7.1%を記録。2012年に記録した『平清盛』の7.3%を抜いて過去ワーストになりました。依然として10%を割り込み低空飛行ですが、関係者の間では『下げ止まった』なんて声も聞こえてきた。そんな中での、6.7%は関係者にとってショックでしょう」(芸能プロ関係者)

 皮肉なことに視聴者が“流れた”といわれている裏番組の「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)は9日の放送で視聴率20.3%と過去最高を記録。そこでささやかれているのが長谷川博己(42)主演の次回作「麒麟がくる」に「いだてん」が与える影響だ。

「『平清盛』は当時の最低視聴率を記録し、平均視聴率も振るわなかったのですが、翌年の綾瀬はるかが主演した『八重の桜』にも影響を与えたのではと言われている。綾瀬が演じた新島八重がマイナー過ぎたこともありましたが、『平清盛』で大河ドラマの視聴習慣が崩れてしまい、最低視聴率10.0%を記録してしまった。『麒麟がくる』も『いだてん』の下方圧力に引っ張られないか心配ですね」(前出の芸能プロ関係者)

 もっとも「麒麟がくる」はファンに人気の戦国大河もの。しかも、長谷川が演じるのは本能寺の変知名度が抜群の明智光秀と、好条件が揃っている。次回作で大河に視聴者は戻ってくるというのがテレビ関係者の見方だという。

 コラムニストの桧山珠美氏がこう言う。

「長谷川さんが出演した2010年のNHKドラマ『セカンドバージン』や前作の朝ドラ『まんぷく』は高視聴率を記録しました。『いだてん』にノーを突きつけている視聴者はもともと大河ファンでうっぷんがたまっています。『麒麟がくる』に期待している人も多く、視聴率は回復するのではないでしょうか」

 この“揺り戻し”を心配しているのがテレビ朝日。「ポツンと一軒家」に流れた視聴者がNHKに戻ってしまう可能性があるからだ。「ポツンと」は2017年から不定期で放送され、2018年10月からレギュラー化された。

「『ポツンと』を見ていて思い出すのが『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』(テレビ東京系)です。昨年から月1回レギュラー放送されるようになりましたが、マンネリ化で視聴率が低迷しています。同じことが『ポツンと』にも当てはまる気がする。今の人気が来年以降も続く保証はどこにもありません」(桧山珠美氏)

 杞憂に終わればいいのだが……。 

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント