警戒のあまり…アイドル顔負け!高橋一生の窮屈な独身生活

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 7月スタートの黒木華主演の連続ドラマ「凪のお暇」(TBS系)に、高橋一生(38)が元カレ役として出演する。高橋は先日まで「東京独身男子」(テレビ朝日系)に主演し、昨年10月期から4期連続で主演を務めることになる。快挙といえるだろう。

 もっとも、3月公開の高橋の主演映画「九月の恋と出会うまで」は大コケ。「東京独身男子」は深夜枠としては善戦したが、斎藤工滝藤賢一といった共演者にアシストされた面が大きかった。

「増える出演オファーと視聴率や興行成績が結びつかないのは演出側の問題かもしれませんね。映画『九月の恋』もそうでしたが、最近の彼が演じる役柄はいい人ばかりで正直、適役とは言えません。ブレークのきっかけとなった2年前の『カルテット』や、NHK大河ドラマ『女城主直虎』でみせた一癖も二癖もある個性的なバイプレーヤーとしての立ち位置が彼には一番合っているのででしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

■“いい人役”で消えるミステリアスな魅力

 もしかしたら、高橋も“いい人役”に戸惑っているのではないか。私生活では変わり者として知られているからだ。「愛着がわくので捨てられない」という理由で自宅の植物や家具、家電に名前をつけたり、「クモがハダニを食べてくれるので植物が元気になる」という理由でクモを飼ったり。怪談話で有名な稲川淳二の熱烈なファンで10年来、稲川のライブに通い詰めたりもしているそうだ。

「そういう一風変わったプライベートと彼の演じる個性的な役がリンクして、彼のミステリアスな魅力が際立っていた。それなのに売り出し方がどんどんアイドル化してしまい、ミスマッチが生じている。そこが一番の問題だと思います」(前出・弘世氏)

 高橋は2017年に雑誌「an.an」でグラビアに挑戦したり、最近は「東京独身」の主題歌「きみに会いたい」で歌手デビューも果たした。ただ、こうしたことをファンが求めていないことに早めに気づくべきだったようだ。

 さらに昨年2月に15歳年下の女優・森川葵との交際を報じられたことも痛手となった。「やっぱり高橋クンも若い女の子が好きなんだ。がっかり」と女性ファンがサーッと引いただけではない。その時に撮られた高橋のファッションが、さらにファン離れを加速させたと言われている。

 全身黒づくめに大きなマスク。頭全部がスッポリ隠れるくらい大きなキャスケットにライダースの革ジャン。ダボダボの黒パンツに長めのシルバーウオレットチェーンという出で立ちだ。ドラマで見せるシンプルな着こなしとのギャップに女性はドン引きしたようだ。

 昨年末にも、プライベートショットがフライデーで報じられたが、この時も、頭全体がスッポリ入るようなジーンズ地のキャスケットに同色のジージャン。前回と変わらず個性的なファッションだった。

■個性的になっていくファッション

 ファッションは個性であり、ファンの好みに左右される筋合いはない。ただ、高橋が私生活をこじらせている一因となっている可能性がある。

「以前の高橋は、あそこまでガッツリ芸能人ファッションをするタイプではありませんでした。人気が出て、プライベートを詮索されるようになってから、それを避けようとしてあのような“変装ファッション”になっていったのだと思います」(知人)

 結局、今年2月に森川との破局が報じられたが、その原因も人目を避けようと出不精になる一方の高橋に、森川が愛想を尽かしたとも言われている。若い森川にとって、インドアデートだけでは物足りなかったようだ。

 こんな目撃談もある。

「彼の事務所の送迎車の運転手はかなり用心深く、後続の車がしばらく付いてくると路上駐車したり、Uターンを繰り返します。食料品や日用品の買い出しも高橋の代わりに彼の運転手がやっているほどです。高橋が車から出てくるのは仕事の時か、ATMで現金を下ろす時くらい。今や、ジャニーズ事務所のタレント並みの警戒ぶりです」(芸能記者

 高橋もそろそろ中年の域に入る。ヌードグラビアや歌手なんてやめて、役者一本に活動を絞れば、余計な心配や警戒する必要も減りそうだ。 

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント