直撃取材に磯野貴理子「ごめんなさい」元夫と離婚後も同居の不可解

 飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

 「ワーッ、ごめんなさい」と言って、磯野貴理子(55)は逃げていったそうだ。2012年に再婚した24歳年下のバーテンダーT氏との離婚をこのほど明らかにし、一部マスコミが都内自宅前で直撃取材したときのこと。

 貴理子は離婚理由について、この元夫から「自分の子供が欲しい」と言われたとTVで話し、物議を醸した。「そうかそうか、わかった」などと受け入れたこともサバサバした表情で打ち明けたことで、貴理子に同情し心配する声が世間からあがったものだ。そうしたなか、女性自身は最新号で、元夫が離婚後も貴理子のマンションから出ていくことなく、同居生活が続いていると報じた。直撃取材から逃げたのは、そのことを質問されるのを恐れたのだろうか。

 離婚する場合、どちらが言いだすにしても、言いだす前に別居するか、離婚と同時に同居を解消するという。とりわけ女の場合、姓の変更などの手続きもあるし、次の出会いの可能性を考えると障害になりかねず、迷惑になるとの専門家の分析を同誌は伝えている。その通りだろうが、貴理子の場合、出入りを許すばかりか、マンション駐車場の使用も許しているそうだ。元夫に対して寛容なのは悪いことではないだろうが、貴理子はそのあたりをどう考えているのだろうか。

 ベテラン芸能記者の青山佳裕氏はこう言う。

「もう戸籍上の夫婦ではなくなってしまったけれど、それでも、そばにいてくれるならば、それでいい。石川さゆりさんの『天城越え』にあるような、嘘でもぬくもりを求めてしまう情念を想像してしまいます。ちょっときつい見方をすると、離婚の事実をまだ受け入れられず、現実から目をそらしてしまっているところもあるのではないでしょうか」

 そのように見えた根拠として、青山氏が挙げるのが、冒頭の反応だ。

「貴理子さんは年齢を見ても、立派な大人の女性です。芸能人である自分がテレビで離婚を発表すれば、マスコミが取材に来るのは分かっていたでしょう。想定される問答も思い描いていたと思います。それでいて『ワーッ、ごめんなさい』というのは、自分でもおかしいと思いながら、それを止められない自分がいて、もうどうしようもなくなっているのかも知れませんね」

 貴理子は先日、出演したドラマの会見で「ついこの間、離婚しましたけど、おかげさまで、こんなに元気になりました」と笑顔をふりまいた。しかし、それは表向きのポーズで、いまだに苦悩を抱え続けていたのか。

 ちなみに元夫のT氏も「何もお話しするつもりはないんで」などと言い、取材を拒否。離婚しても同居というのは、新しい夫婦の関係としてアリなのかどうか。またまた世間の議論を引き起こしそうだ。 

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

Xserver

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】