吉本興業に「汚い」の大バッシング!! 入江や宮迫「闇営業」スキャンダルもみ消しで山里亮太の結婚リーク?

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 大手芸能事務所・吉本興業に所属するお笑い芸人たちが、大規模振り込め詐欺グループの忘年会に参加し“闇営業”をしていたと、今月7日発売の「FRIDAY」(講談社)が報じているが、一部のネット上では、吉本興業がこの件をもみ消すために、南海キャンディーズ山里亮太と女優・蒼井優の結婚をリークしたとの噂が広まっている。

 「FRIDAY」によると忘年会が開かれたのは2014年12月。カラテカ入江慎也の仲介で、雨上がり決死隊宮迫博之レイザーラモンHG、ロンドンブーツブーツ1号2号田村亮ガリットチュウ福島喜成らが、大規模振り込め詐欺グループの忘年会で歌やネタを披露したという。この“闇営業”で、ひとりにつき100万円程度のギャラが支払われたという。この報道を受け、吉本興業は入江との契約を解除した。

 「FRIDAY」では詐欺グループの元メンバーが、入江は詐欺集団の幹部と親交があり、「集団が詐欺を働いていることを知っていた」と証言。一方で入江は、自身のツイッターで忘年会への出席は認めたものの、詐欺集団とは知らなかったと釈明している。

 詐欺集団と反社会的勢力の関わりは深く、吉本興業にとって所属タレントの“闇営業”発覚は社会的信頼の失墜に直結する。傷を浅くしようと目論んだ吉本興業が、山里亮太蒼井優の結婚をリークしたのではないか……との噂が、ネット上でまことしやかに囁かれ、勢いよく拡散している。吉本に対して「お祝いまで利用するとは汚い」といった批判の声も噴出しているが、しかし、それは事実なのだろうか。

山里亮太蒼井優の結婚発表が5日だった理由
 山里亮太蒼井優が正式に結婚を発表したのは今月5日の午後だが、その日の朝の段階で、一部スポーツ紙が二人の入籍を報道し、世間を賑わせていた。

 山里は6日、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組『山里亮太の不毛な議論』(TBSラジオ)で、「5日午後の正式発表まで周囲に漏れないように、注意を払っていた」と明かしている。婚姻届も、代理人を立てて東京都の隣の県まで提出しに行くほどの厳重さだった。しかし、どこかしらで情報が漏れてしまい、結果、5日の朝にスポーツ紙によって報道されてしまったようだ。

 誰がどこで山里と蒼井の結婚情報を漏らしたのかはわからない。ただ、山里と蒼井は結婚を長期的に隠すつもりはなく、5日には発表し会見まで開く予定であった。もともと発表する予定だった情報を少し早めにリークしたところで、「FRIDAY」のスキャンダルをもみ消す威力などないことは明らかだ。本気で揉み消したければ、結婚発表を6日または7日に後ろ倒しするだろう。

 所属タレントの反社会的勢力との繋がりや、犯罪グループの忘年会への参加は由々しき問題だ。だが、「揉み消すために結婚スクープを利用した」というのは、さすがに言いがかりではないだろうか。 

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント