「ラジエーションハウス」好調支える窪田正孝の“前髪”演技

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 視聴率ほぼ2ケタと好調をキープしているフジテレビ系の月9「ラジエーションハウス」。主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織を演じる窪田正孝(30)は、2020年前期のNHK朝ドラ「エール」の主演を務めることが決まっている。そんな売れっ子だけに、月9での髪形まで何かと話題になっているようだ。

 ネット上では〈あの無造作感、カッコいい〉〈彼氏に真似してほしい〉〈美容室でのオーダー方法が知りたい〉などなど、男女問わずに大人気。基本はツーブロックと呼ばれるヘアスタイルで、特徴的なのはトップから前へと流したスタイリングらしい。

「無造作な雰囲気に見えますが、プロが相当作り込んでいます。他のドラマを見ていると、窪田さんは本来真っすぐな髪質。今回の役では、あの無造作感を出すためにパーマをかけたのではないでしょうか」と都内のヘアスタイリストは言う。

 若者からは大好評のようだが、一方でドラマの視聴者からは〈あの前髪の技師はありえない〉〈前髪に目がいってドラマに集中できない〉……目にかかる、ぎりぎりのラインでカットされた重めの前髪が気になって仕方ない、という声も。

「あのヘアスタイルは、原作漫画『ラジエーションハウス』の主人公にかなり寄せてきたな、という印象ですね。その甲斐あって、原作ファンからは『イメージ通り』と評判は上々のようですよ」(テレビ局関係者)

 ドラマウオッチャーで芸能ライターの山下真夏氏はこう言う。

「窪田さんといえば大きな目が印象的ですが、ときにその特徴的な目ばかりが際立ってしまうことも。ドラマの主人公・五十嵐は、とにかくじっと画像を見つめるシーンが多い。その際に、あの長い前髪が非常にいい小道具になっているように思えるんです。前髪が五十嵐の表情にちょうどいいあんばいの陰影をつくることで、今から天才的な読影が始まるのだと視聴者に緊張感を与えるように感じるんですよ」

 そんな五十嵐が、幼い頃から一途に思い続ける医師・甘春杏(本田翼)の前ではデレデレふにゃふにゃの態度に。

「窪田さんは重い前髪を上手に意識しながら、まるで小さい男の子みたいなピュアな表情をつくり上げていますよね。使えるものは前髪でも何でも使う、さすがの役者魂だとうならされます」(山下真夏氏)

 医療の現場目線で見るとナシ。だが、窪田の演技を際立たせるドラマの小道具としては、あの前髪は大いにアリということなんだろう。 

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント