“小嶺依存”から抜け出せるのか…田口淳之介被告の気になる今後

 飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

 麻取締法違反(所持)の罪で起訴されたKAT-TUNの元メンバー、田口淳之介被告(33)と、事実婚の関係にある小嶺麗奈被告(38)が勾留先の警視庁湾岸署から保釈されたのは6月7日。だがその週末、2人の“愛の巣”である東京・世田谷区のマンションに電気の灯りがともることはなかった。

 保釈条件のひとつに接触禁止があり、現在2人は別々の場所で初公判を待っている状態だという。証拠隠滅や口裏合わせ防止のために、電話やメールでのやり取りも禁止されている。

 ファンの最大の関心は、7月末とも8月上旬ともいわれる初公判以後の2人の動向だろう。どちらも今回が初犯であるため、執行猶予付きの有罪判決が予想されている。2人が関係を清算しない限り、薬物依存から抜け出せないのではないかという見方もあるが、2人が完全に関係を断ち切ることは至難の業だろう。

 6月8日付の日刊スポーツは2人について〈共依存状態ではないか〉と指摘した。お互いが薬物だけでなく精神的にも肉体的にも過剰に依存した状態にあるのではないかと示唆する内容だったが、少なくとも田口被告は小嶺被告がいなければ様々なことを判断できなくなっている可能性はあり得る。

■事務所の先輩、元・光GENJI赤坂晃と同じ道か

 KAT-TUNの中丸雄一が「シューイチ」(日本テレビ系)の中で「主観ですけど、彼(田口)は末っ子というのもあって、他人に依存する傾向があるなというのは学生の頃からかなり強くありましたね……」と漏らしていた。

 末っ子に依存傾向があるかどうか私は知らない。ただ、10年以上も田口被告を間近で見てきた人物の発言には重みがあると思う。田口被告に主体性がないのは、今に始まったことではないようだ。

 実はこの田口被告の保釈前後からこんな情報が流れていた。

「初公判後はしばらく大人しくしていて、ほとぼりが冷めた頃にビジネスを始めるんじゃないかな。田口被告には小嶺被告を介して知り合った太いスポンサー筋がバックに付いているから、彼らが金銭的にサポートしてくれるんじゃないか。具体的なことは分からないけど、青年実業家として再スタートを切るともっぱらのウワサだね」(田口被告を知る芸能関係者)

 そして、2人の関係については「小嶺被告抜きには田口被告は何もできないだろう」というのが大方の見方だ。

「そもそもジャニーズ事務所から独立することを勧めたのも小嶺だし、アーティストとしての方向性も全て彼女のアイデア。箸一本持つのも小嶺抜きにはできないくらい田口被告は彼女に依存していると思う。小嶺がいなければ田口被告は生きていけないと思うよ」(前出の芸能関係者)

 同じ薬物事件で、ジャニーズの先輩である元「光GENJI」の赤坂晃は飲食店を立ち上げて青年実業家に転身したものの、最終的に芸能界に戻ってきた。田口被告も同じ人生を歩むことになるかもしれない。 

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

Xserver

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】