BIGBANGの弟分iKON B.I薬物疑惑でグループ脱退&解雇のウラ側

 飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

 韓国の7人組アイドルグループ、iKON(アイコン)のリーダーB.I(本名:キム・ハンビン=22)の薬物購入疑惑が報じられ、12日、所属事務所のYGエンターテインメントが正式にグループ脱退と契約解除を発表した。

 2016年8月に薬物所持などで逮捕された人物の携帯のアプリ・カカオトークに「3つ買おうかな? お金を貯めないと。君から買ったら安くしてくれる?」「僕は天才になりたくてやりたいんだ」など、B.IがLSDを購入する生々しいやりとりが今月12日に明らかになり、B.Iに薬物使用疑惑が浮上。それを受けて自身のインスタグラムでグループ脱退を発表。薬物については「怖くてできなかった」と記している。

 iKONはオーディション番組を経て“BIGBANGの弟分”として15年にデビュー。日本でもデビュー1年でドームツアーを成功させるなど10代女性に人気を博していた。中でもB.Iはリーダーとして品行方正なキャラだけに衝撃が走った。

 兄貴分のBIGBANGといえば、G―DRAGON(30)が11年に日本で大麻を吸引しソウル中央地検に摘発され、T.O.P(31)が17年6月に大麻吸引で逮捕。さらにV.I(28)が2月に自身が経営するクラブ「バーニングサン」を舞台に性接待、薬物疑惑、脱税、海外賭博の容疑により事情聴取されるなど、不祥事続き。こんな先輩がすぐそばにいたら薬物に罪悪感がなくなってもおかしくはない。

 所属事務所のYGエンターテインメントは2カ月に1度、簡易麻薬診断キットで薬物反応検査を実施し「アーティストの薬物管理を厳格に行っている。B.Iは16年の事件とは無関係」と否定するが、事務所側の管理能力を問う声があがるのも当然だろう。

 4月に薬物使用で逮捕された元JYJで俳優のパク・ユチョン(33)は、元交際相手・ミルク姫の供述で疑惑が報じられ、身の潔白を主張する会見まで行ったものの、体毛から薬物の陽性反応が出て結果はクロ……。薬物が蔓延する環境、平気でファンを裏切るタレント、管理もろくにせず問題があれば即解雇する事務所。芸能界の薬物汚染の根の深さが次々に明るみに出ている。

 そんな中でも、YGエンターテインメントの次なるiKONを目指すオーディション番組「YG宝石箱」は高視聴率で海外でも放映されるほど。明日のスターを探すより、薬物問題対策のほうが喫緊の課題だろう。 

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

Xserver

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】