5%割れなら打ち切りも…NHKが画策する「いだてん」終了プラン

 飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

 今週、大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」の主役のたすきリレー会見がNHK局内で行われた。

 今年1月にスタートした第1部では、中村勘九郎演じる日本人初の五輪選手・金栗四三を中心に1912年のストックホルム五輪からベルリン五輪、そして東京五輪までが描かれた。

 今月30日から始まる第2部では東京五輪開催に向けて奔走した、阿部サダヲ演ずる新聞記者の田畑政治に視点が移る。

 ようやく場面が切り替わるタイミングで様々な刷新も期待されていたが、「いだてん」の視聴率は6月9日の放送でついに7%の大台を割り、6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という大河史上最低の数字を記録してしまった。現場のスタッフはさぞかし落ち込んでいるかと思ったら、撮影は淡々と進んでいるという。

「局トップの上田良一会長が大河ドラマの途中打ち切りの可能性を否定していることもあり、現場はまだ白旗は挙げていません。ただ、『いだてん』の終了後に複数の現場責任者の異動があるそうです。事実上の左遷人事だと聞いています」(芸能プロ関係者)

 NHKの局内向けのケジメはさておき、気になるのは6%台の低い数字にまで落ち込んでしまった「いだてん」の今後だ。

「上田会長は否定していますが、5%台を割ったら途中打ち切りもあると見ています。大河ドラマはNHKの看板番組であり、大切な枠をこれ以上ミジメなままにしておけないと憤っている局幹部がいます。場合によって、来年の大河『麒麟がくる』に悪影響を及ぼす危険性もあるから、懸念する幹部がいるのも当然です。局内では打ち切りとは対外的にアナウンスせず、『いだてん』を静かに終わらせる方法の模索が始まっています」(テレビ関係者)

 そのひとつが特別番組による差し替えだ。「いだてん」のチームとは別のセクションが、東京五輪の複数の選手にスポットライトを当てたドキュメンタリーの制作をスタートさせているという。

「例えば、白血病と戦いながら東京五輪を目指す水泳の池江璃花子選手の密着映像とか、小中学生のアイドルと化してしている陸上男子短距離のサニブラウン選手の9秒台への挑戦秘話をNHKは用意しようとしているそうです。しかも、NHKはこの企画に同局の東京五輪の“スペシャルナビゲーター”を務める『嵐』のメンバーを絡めるつもりのようです。選手を直接インタビューしてもらってもいいし、番組のナレーションを担当してもらってもいい。著名選手の感動秘話に『嵐』をミックスすれば、視聴率は軽く2ケタはいくでしょう」(前出・テレビ関係者)

 果たして主演が阿部サダヲにチェンジする「いだてん」は、どんなフィナーレを迎えるのだろうか。  

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

Xserver

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】