事件後初、AAAが浦田直也抜きで再出発…5人がステージで頭下げ謝罪、1万人大歓声

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 男女6人組グループ「AAA」が15日、宮城セキスイハイムアリーナでリーダー・浦田直也(36)を除く5人で全国ファンミーティング・アリーナツアー「FAN FUN FAN」(8か所21公演)をスタートさせた。浦田は4月20日に面識のない女性をナンパしてセックスしようと思ったが見事に振られ頭にきて殴ったとして逮捕され、無期限謹慎中。5人はステージで頭を下げて騒動を謝罪し、“再出発”の一歩を踏み出した。

 事件から約2か月、1万人のファンは大歓声で5人を迎え入れた。事件後、グループとしてファンの前に姿を見せるのは、この日が初めて。イベント中盤、日高光啓(32)はマイクを手に「本当なら6人で全国を回ってみんなの元へお届けしたかったけど。それがかなわなかった。本当に申し訳ないです」と語り掛けた。

 メンバーがスタッフを交えて約20日間協議を重ねた末、開幕まで約1か月に迫った先月10日に開催を決めた。「AAA5人でめちゃめちゃ頑張って『あっ、来て良かったな』『FAN―、楽しいイベントだったな』と思ってもらえるように頑張るので、何とぞよろしくお願いします」と日高。西島隆弘(32)、宇野実彩子(32)、與真司郎(30)、末吉秀太(32)も口々に「来てくれて、ありがとう」と感謝した。

 今ツアーは8月7日まで。同17日に行われる音楽フェス「a―nation」大阪公演のヘッドライナーを務めることも決まった。所属事務所によると、同フェスも5人での出演となる。

 浦田を巡っては、逮捕翌日の釈放後の謝罪会見で「覚えていない」を連発。どこか人ごとのような話しぶりにファンの間でも批判の声が上がったことで、謹慎期間は長期に及ぶ可能性もある。被害女性との示談も交渉中で復帰のめどは立っていない。

 一方でこの日の公演中、11~12月にグループとして3年連続となる4大ドームツアー(詳細後日発表)の開催も発表された。同ツアーについても浦田の出演は未定のまま。今後について不透明な部分は多いが、5人は前を向いて進むしかない。

 ◆22万人動員全公演完売 

 この日の公演は通常ライブとは異なる「ファンミーティング」で、ゲームコーナーなどを交えたイベント形式。浦田不在により、5人は開催を決めてから約1か月のリハーサルで歌割り、ダンスフォーメーションの変更に取り組み、ステージでは「笑顔のループ」「DEJAVU」など11曲を披露した。事件後、チケット払い戻しなどは多少あったというが、22万人の動員を見込む今ツアーは、すでに完売しているという。

 ◆AAA・浦田直也の事件後の経過

 ▼4月20日 リーダー・浦田直也が、面識のない女性を殴ったとして暴行の疑いで逮捕。

 ▼同21日 浦田が釈放。都内の所属事務所で謝罪会見し無期限の活動自粛を宣言するも、事件については「覚えていない」を連発。西島隆弘が京セラドーム大阪で行ったソロ活動5周年公演のステージ上で「いろいろ心配おかけして、申し訳ございません」と謝罪。

 ▼同22日 所属事務所が浦田の「無期限謹慎処分」を発表。同日に宇野実彩子與真司郎が予定していたアルコール飲料のイベントを欠席。全日本空手道連盟が公式応援歌「Yell(エール)」使用を控えるよう各都道府県連盟などに通達。

 ▼5月10日 全国ファンミーティング・アリーナツアーを5人で開催することを発表。

 ▼6月13日 a―nation大阪公演のヘッドライナーを務めることが発表される。 

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント