みやぞん「足が訳ありなんだ」 骨折した左足引きずり映画イベント出席

 飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

 お笑いコンビ「ANZEN漫才」のみやぞん(34)が16日、都内で行われた映画「それいけ!アンパンマン きらめけ!アイスの国のバニラ姫」完成披露親子試写会に出席した。5月下旬に日本テレビ系「世界の果てまでイッテQ!」のインドロケで左足首を骨折後、公の場に姿をみせるのは初めて。「こんにちは」と元気に登場するも「足が訳ありなんだ」と足を引きずりながら階段を上った。

 壇上では片足でぴょんぴょん跳ねながら、舞台中央へ進んだ、みやぞん。「ゆっくりでいいですよ」とアンパンマンが気遣うシーンも。

 みやぞんは現地時間5月24日、出演する「イッテQ!」のインドロケで、火の輪をくぐりに挑戦した際、着地で左足首をひねった。現地で応急処置を受け、同27日に帰国。国内で診察を受けたところ、左足首の左距骨の関節面から7ミリ程度の骨がかけており、骨折と診断。痛みがひくまで1〜2週間程度、約2カ月の治療期間を要する見込みとされた。 

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

Xserver

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】