フジ月9も決定 山口智子「なつぞら」で松嶋菜々子との“母親対決”制す

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 NHK連続テレビ小説なつぞら」の“母親役”対決に注目が集まっている。

 スタート直後の「北海道・十勝編」ではヒロイン奥原なつ(広瀬すず)の育ての親を演じる松嶋菜々子(45)の演技が話題になった。松嶋の朝ドラ出演は1996年前期の「ひまわり」以来23年ぶりだったが年齢を感じさせない雪肌メークと変わらぬ美貌は“さすが”と絶賛された。

 今は新章「東京編」に突入し、なつの兄・咲太郎(岡田将生)を息子のように可愛がって育てた岸川亜矢美役の山口智子(54)の演技が評判を呼んでいる。実在した伝説の劇場「ムーランルージュ新宿座」の人気ダンサー役で、劇場の回想シーンでは見事なダンスと美脚を披露した。山口の朝ドラ出演は88年後期の「純ちゃんの応援歌」以来、約31年ぶりだ。

「松嶋は相変わらず一本調子というか“きれいな女優さん”という印象ですが、山口の変貌ぶりには驚きました。ダンサーを引退後、おでん屋の女将役をしている彼女が歌ったりステップを踏む場面が出てきますがこれが実に大胆でコミカルなのです」(芸能評論家の佐々木博之氏)

 山口は95年に唐沢寿明と結婚。その翌年に木村拓哉とダブル主演を務めた大ヒットドラマ「ロングバケーション」以来、長くテレビから遠ざかってきた。2012年に「ゴーイングマイホーム」(フジテレビ系)で16年ぶりにドラマ復帰したものの、視聴率が伸びず酷評された。

 今回も山口の演技について、ネット上に〈ロンバケの時から止まっている〉〈古くさい〉といった批判的な意見もあるが、前出の佐々木氏は「大きな成長を感じました。殻を打ち破ったのかもしれません。“なつ”と絡む“亜矢美”を見て、おせっかいするな、鬱陶しい、とイライラしている視聴者も多いと思います。それだけ山口が役柄に溶け込んでいる証拠じゃないでしょうか」と、こう続ける。

「山口は、何度か唐沢との“不仲説”がささやかれたことがあります。もしかしたら本当に夫婦のピンチがあったのかもしれませんが今では2人はおしどり夫婦として知られています。人間としても女優としても成長したのでしょうね」

 山口は7月からロンバケ以来、23年ぶりとなるフジテレビ系“月9”ドラマ「監察医 朝顔」にも出演する。

 今回の松嶋との母親対決は山口に軍配が上がったといえる。これから出演オファーも増えそうだ。  

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

WordPressの運用に特化したレンタルサーバー『wpXレンタルサーバー』

バイク買取キャンペーン中、ご成約の全員に現金プレゼント

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】