「絶対干すからな…」脅迫された過去を明かしたタレント4選! 山里亮太、出川哲朗も…

 飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

 今年5月放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で、出川哲朗(55)が受け取った“呪いの手紙”が紹介されて大きな注目を集めている。

 出川によると、企画でHey! Say! JUMP・伊野尾慧(28)とキス芸を披露したところ「事務所に呪いの手紙がきた」と言う。写真で公開された手紙は、血を表現したのか赤いインクがべったり。大きく書かれた「呪」の字に加え、「伊野尾さんの唇を汚した罪」「償いとして各番組にて伊野尾さんの可愛さを伝えよ」との文言もあった。驚きのエピソードに、ネット上では「こういう“やらかし”のせいで大勢のファンが迷惑するんだよ」「こんなことして自分の推しが悲しむとか考えられないのか?」「どんな顔して手紙書いてんだろ。キモいわ」といった声が。

 今回は出川のように、脅された過去を明かした芸能人たちを紹介しよう。

山里亮太

 まずは女優・蒼井優(33)との電撃婚で話題になったばかりの山里亮太(42)から。昨年4月放送の『毒出しバラエティ 山里&マツコ・デトックス』(TBS系)で、山里は「干してやる」と脅された過去を告白。放送では加工音で相手の名前は伏せられたが、山里の暴露トークマツコ・デラックス(46)ら共演者を驚かせることになった。

 山里によると、後日その相手から和解番組で誤解を解きたいとの訴えがあったという。そんなエピソードを披露しつつ、「じゃあなにかい? あんたが言った『お前、干すからな』って言葉は俺はどう誤解してるんだ、と」「『お前、絶対私の力使って干すからな』って言ってきた人がいて」と自身が受けた脅し文句を強調した。結果的に山里は干されるどころか高い人気を誇っており、ネット上には「干されなくて良かった!」「その人は山ちゃんの活躍を見てどんな思いなんだろうね」といった声が相次いだ。

狩野英孝

 続いては6股交際報道や淫行疑惑など、話題に事欠かない狩野英孝(37)。6股報道でわかるようになかなかのモテ男だが、中でも大きな話題を呼んだのがタレント・加藤紗里(28)との交際だろう。加藤のあけっぴろげなキャラクターも相まって世間を賑わせたカップルだが、2016年放送の『上沼・高田のクギズケ!』(日本テレビ系)では狩野の発言に注目が集まった。

 番組司会者の上沼恵美子(64)から、“加藤に怯えている”と指摘された狩野。メディアで暴露話を続ける加藤に露出を控えるよう頼んだそうだが、「バックに“大きい人”がいるみたいで……」とトーンダウンしてしまう。すると共演者の芸能レポーター井上公造(62)から、「その大きい人に確認した」と思わぬ情報が。「そういう事実はない」「面識がある程度」と伝えられた狩野は、加藤に呆れたのか眉をひそめながらがっくりと項垂れている。

ケンドーコバヤシ

 最後は2016年放送の『にけつッ!!』(日本テレビ系)で脅迫エピソードを明かしたケンドーコバヤシ(46)。ケンドーは冒頭で「久しぶりに出待ちされた」と明かし、女性から渡された手紙を飲み屋で開けたという。そこには“お前と高橋茂雄(サバンナ)は2度と『やりすぎ都市伝説』(テレビ東京系)に出んな。邪魔なんじゃ、ボケ”というメッセージが……。

 ファンではなくアンチから受け取った穏やかではない手紙に、ケンドーは「ええ根性してんな」と感心。「女の子だけどネットで書くよりよっぽど男らしい。顔をさらしてまで」「わざわざ劇場で待っててくれた」と評価している。ケンドーが明かしたエピソードにネット上では、「今どき脅迫文を手渡しってすげーな」「出待ちするとかもうファンじゃんwww」「笑い話に変えられるケンコバさすがやね」といった声が相次いでいた。 

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

Xserver

低価格・高機能・高セキュリティ
マルチドメイン対応ビジネス仕様レンタルサーバー【シックスコア】


初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】