6月歌舞伎“真の主役” 市川染五郎の写真を載せなかった松竹の戦略ミス

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 今月の歌舞伎座は夜の部の三谷幸喜作・演出の新作「月光露針路日本(つきあかりめざすふるさと) 風雲児たち」が話題。

 みなもと太郎の大長編マンガ「風雲児たち」の一部、大黒屋光太夫の物語が原作。幕末にロシアに漂流し、10年かけて日本に戻った人物だ。光太夫の船には17人が乗船していたが、日本に帰れたのは彼を含めて2人。ロシアに残ったのが2人で、残りの13人は死んだ。

 この過酷な物語を喜劇仕立てにした。笑わせるのは三谷の作風なので、批判してもしょうがない。「笑える歌舞伎」があってもいいだろう。

「これが歌舞伎なのか」という声もあろうが、結論の出ない話だ。松竹が「大歌舞伎」公演として上演しているのだから、実質はともかく、興行ジャンルとしては歌舞伎である。盛況なので、「歌舞伎を見たことのないお客さんを歌舞伎座に呼び込む」という興行目的は、成功したようだ。

■父・幸四郎はわめくだけ

 松本幸四郎演じる光太夫は、「頼りないリーダー」というキャラクター。こういう「頼りない役」は、この役者にぴったりだ。頼りないせいか、出ずっぱりの割には印象が薄い。わめいているだけにしか聞こえないセリフ回しは、意図した演技パターンなのか、本当に下手なのか。

 松本白鸚が、当たり前ではあるが、芝居のレベルの差を見せつける。

 市川猿之助片岡愛之助は、幸四郎への「お付き合い」で出ている感じ。これくらいの演技は朝飯前ですよという余裕の演技で、どこか真剣味がない。

 これまで知名度が低かった市川男女蔵が目立つ役をもらえ、好演。これをチャンスに飛躍してほしい。

 そして、市川染五郎。セリフは棒読みだが、独特の間とリズムがあって、胸に突き刺さる。物語のなかの10年の歳月で、彼が演じる少年は、青年へと成長するわけだが、その変化の過程が演じ分けられている。単なる美少年ではなく、天才美少年である。何も成長しない幸四郎の光太夫とは大違い。この芝居の真の主役は、染五郎だ。なのに、ポスターに彼の写真はない。松竹の戦略ミスだ。

 昼の部は、片岡仁左衛門の「封印切」に尽きる。実年齢を考えると驚異的な若さと愛嬌。この物語が「若さゆえの過ち」による、「若者の悲劇」だと伝わる。 

飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

ポーラのホワイティシモ

この白、サイエンスの結晶【ホワイトショット】