東京五輪チケット抽選に異を唱える加藤浩次 「いいよ、もう!」とスネる小倉智昭 日本列島当落芸能人まとめ

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 6月20日、2020年に行われる東京オリンピックのチケット抽選結果が発表され、日本中の人が当落に一喜一憂していた印象があります。

関連記事:東京オリンピックという利権に貪りつくアーティストや元スポーツ選手たち 特に“あの人”のボロが出たらヤバいと関係者おびえる

そんな中、多くの芸能人が自らのSNSやブログで抽選結果を発表。全く当たらなかった人、良い試合が当たった人、当たりすぎて金欠に怯える人など様々ですが、誰が何に当たったのかざっとまとめていきたいと思います!

まずは、当選した人から。お笑いコンビ・シャンプーハットのこいでさんはインスタグラムを更新し「競馬で4年以上外してるのに4年に一度のオリンピックチケットが大当たりしました。会社に32万借りようと思います」という言葉とともに、チケット代金が32万8000円かかるというお知らせのスクリーンショットをアップ。

次に元AKB48川崎希さん。川崎さんは自身のブログにて、特に人気の高い陸上競技の決勝が当たったことを報告。「なんと陸上決勝がA席で当選出来てた〜 やばい これは大変だ!! くじ運ないから心配してたけどチケット1部門だけ当選できたよ〜やっぴ〜」と喜びを爆発させていました。

チケット応募時には「最大支払金額156万円」であることをTwitterで報告していた元HKT48指原莉乃さんは「オリンピック当たってたー!」とTwitterで大喜び。さらに「もちろんほぼ落選してたのでオリンピック貧乏は避けられた 安心」と、多数のチケットが当選したわけではないことを書き添えていました。

参考記事:フジテレビの馬鹿ディレクターと喧嘩しながら観戦した障害者スポーツ大会について|岡本タブー郎・連載『ざわざわさせてやんよ!』第四回

そして、今度は落選した人の嘆きをお届け。

お笑いコンビ・極楽とんぼ加藤浩次さんは20日、『スッキリ』(日本テレビ系)に出演し、抽選結果を待ちながら番組を進行。共演の水卜麻美アナウンサーの落選が判明した時は笑い飛ばしていたものの、自身の落選が判明すると異を唱える事態に。加藤さんは開会式と射撃を申し込んでいたのですが、人気の開会式はともかくも射撃に落ちたことについて「おかしいよ!」「射撃落選っておかしいと思うな。射撃もトラップを選んでいるのに落ちるかね〜」とおかんむり状態でした。

また21日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)では、キャスターの小倉智昭さんがチケット申込時に応募ミスをしていたことを告白。20日は「メールが来るのを待つ」とワクワクしていた素振りを見せていましたが、現在はメールも来ない、アクセスも出来ないという状況であることを告白。「買った時になんか間違えたみたい。申し込んだ時に。だから参加もしてない。それなのにソワソワと…」とがっかりしており、共演陣を驚かせていました。

そんな小倉さんに同じく落選組の山崎夕貴アナウンサーが「(チケット購入の)セカンドチャンスあります」と声をかけると、小倉さんはスネた様子で「いいよ! 取材で入るよ」と負け惜しみな言葉を発していたのでした。

ネットなどの反応を見ても、かなりの人が落選していると思われる第一回目の東京五輪チケット抽選。しかし、秋には今回のような抽選ではなく、先着順での販売が行われるということで、まだ諦めるのには早い! 行きたい方は希望を捨てずにオリンピック公式からの情報を逐一チェックするようにしましょう。 

飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

ポーラのホワイティシモ

この白、サイエンスの結晶【ホワイトショット】