東京オリンピックという利権に貪りつくアーティストや元スポーツ選手たち 特に“あの人”のボロが出たらヤバいと関係者おびえる

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 新しい天皇陛下が即位され、時代は「平成」から「令和」に改元しました。国民の関心が高まり祝賀ムードが漂う日本ですが、さらに来年にはいよいよ東京オリンピックパラリンピックが開催されます。

オリンピックの最初の目玉となるのは、そう開会式。国を代表する文化や芸術を最先端技術を用いて披露し、日本のみならず世界中の人々を楽しませます。直近の3大会では開催国の映画監督が総合演出を担当していましたが、日本では能楽師野村萬斎さんに決定しました。

「業界で今一番、注目されているのが東京オリンピックの開会式と閉会式です。開催国の民度が問われるので、ただアイドルが踊るだけのショーは見たくないし、世界にも見せたくはありません。野村萬斎さん率いる有識者8人が選出されましたが、すでに彼らによる投票でメーンで歌唱するシンガーが決定しているという噂です。どんな形、役どころ、お金を払ってでも出演したい芸能人は数多くいますので、残りの枠をかけた熾烈な争いが水面下で繰り広げられています」(広告代理店・キャスティング部)

噂の範疇ですが、開会式でアイドルや大所帯のダンスグループが主役を張ることはまずないだろうという見方がされているそうです。それもそのはず、選ばれし有識者の中にアイドル嫌いの歌手・椎名林檎がいるので、人気や地名度が高くても、軽さが見える選出はあり得ないでしょう。

東京五輪利権のようなものが、裏で蔓延っている」と話すのは、大会組織委員に近い人物。熾烈な争いはなにも芸能人だけではないと話します。

「会場全体の芸術面、例えばライティング、映像、それらを彩る音楽含めて、様々なクリエーター集団が足の引っ張り合いをしています。世界的にも有名な集団がすでに内定をもらっていて着々と準備を進めていますが、そのおこぼれをもらおうと代理店関係者や政治家に泣きついてる連中もいます。開会式や閉会式が注目されがちですが、外国人客を向かい入れる空港、ホテルなどに自分の芸術作品を置きたい、または描きたいと自ら挙手をする者まで….。一生に一度あるかないかの夢のような舞台で、ノーギャラでもいいから人肌脱ぎたいと思ってるクリエーターで溢れ返っているのが現実です。描くといえば、先日世間を賑わせた、美人銭湯絵師を覚えてますか? 数々の盗作を認めて謝罪に追い込まれましたけど、彼女なんかは急にポッと出てきて美味しい仕事に次から次へとありついていて、おかしいと思いませんでした? あれは広告代理店が東京五輪用に大急ぎで作り上げた芸術家だって聞いてますよ。空港の壁画に富士山をドーンと描くなどの、ライブパフォーマンスを予定していたとか。でも詰めが甘かったのか結局ボロが出てしまい、五輪の話も流れたそうです」(東京五輪組織委員会関係者)

芸大生で銭湯絵師見習いという肩書きで新星の如く現れた彼女。美しすぎると持ち上げられたのもつかの間、いくつかのトレース模写がネット住民らにより掘り起こされ、大炎上しました。パクリはなにも絵画だけに止まらず、なんとツイッターのつぶやきまで他人の言葉を使用していたというのだから、人としても完全にアウトです。

飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

ポーラのホワイティシモ

この白、サイエンスの結晶【ホワイトショット】