峯田和伸、役者として引っ張りだこでも電車移動「俺は何も変わってねーのにな」

 ★低コストではじめよう★お店のサイトをもっと簡単にカッコよくしたいと思ってる方にオススメです

 「普段、あまり地元には帰らないんです。自分から“ここじゃダメだ”って山形から東京へ飛び出してきたからには、簡単に帰っちゃいけない気がしていて。でも、こないだ25年ぶりに中学の同窓会に参加してみました。50歳くらいになったらほとんど死んでるかもしれないから、40歳のうちに会っておかなきゃって(笑)」

 子どものようにいたずらっぽい笑顔で話すのは、大河ドラマいだてん〜東京オリムピック噺〜』に人力車の車夫・清さん役で、大河初出演の峯田和伸(41)。バンド『銀杏BOYZ』として多くの人々を虜(とりこ)にしてきた彼が、最近はドラマや映画に多数出演し、役者としての活躍もめざましい。

やっぱり本職はミュージシャン
 そのことを本人に聞いてみると、

「われながら、目を見張るものがありますよね(笑)。でも、1年間でお芝居にかかっている総時間数は、本職の音楽活動と比べると、8対2くらいの割合かな。

 もともと、音楽でも“ドームでライブをやりたい”“メジャーデビューしたい”っていう思いはなく、好きだからやっている。お芝居も“こういう役者になりたい”“賞が欲しい”とか目標はなく、こんな僕でも声をかけてもらえているから、やらせていただいているっていう感覚なんです。だから“いよいよ俺が大河に出る時代が来た!”とかは思わないです(笑)」

 役者として「目標はない」と話す一方、今作の役作りのためにランニングや水泳など「運動は昔から苦手」と言いながら、一生懸命に清さんと向き合っている。

 さらに、人物像を内面から作り上げるために、

「物語の中でこの人はどんな顔つきで、どんなたたずまいでいるのかをイメージして、今までに自分が見てきた作品の中から似たキャラクターを探して、取り入れようと。

 例えば清さんの場合は、映画『七人の侍』の中で三船敏郎さんが発する輝きや豪快さ、映画『レザボア・ドッグス』に出てくるスティーヴ・ブシェミのお調子者の感じとかを、要素として参考にしている部分はあります」

「俺は何も変わってない」
「儲かりまくって、有名人すぎて電車に乗れないっていう状況になったら“俺も売れたな”って思うんでしょうけど、普通に乗ってますからね(笑)。大河とかに出て“なんか峯田、遠くなっちゃったな……”ってみなさんが勝手に思ってくれているだけで、俺は何も変わってねーのになって。リハーサルスタジオも、高校生バンドが練習しているような近所のスタジオで、変わらずに練習してますよ(笑)」 

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

【ポーラ】最高峰B.A の日中用クリーム