ヒーローショー聖地でセクハラ告発 東映が謝罪

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 ヒーローショーの“聖地”とされる東京ドームシティアトラクションズ内の屋内劇場「シアターGロッソ」に出演していた女性が、セクシャルハラスメントを受けていたと告発し、ショーを制作する東映が謝罪した。

東映は24日、公式ホームページで「このたび、株式会社東映エージエンシーと当社が制作しております、東京ドームシティ シアターGロッソでのヒーローショーの運営におきまして、ハラスメント等の被害があったとSNS上での訴えがございました」と報告。

「事実であれば誠に遺憾であり、現在、調査・確認に着手させていただいております」とし、「被害を訴えた方、お客様及び株式会社東京ドームをはじめとする関係各社様にご迷惑・ご心配をおかけしておりますことを、心よりおわび申し上げます」と謝罪した。確認結果はあらためて報告するとしている。

同劇場でMCを務めていた中山愛理さんは23日、卒業したことをツイッターで発表するとともに、「どうして卒業したかというと、入った当初からの度重なる嫌がらせ(基本的にあいさつも無視、握手会中に水を掛けて妨害する、など)と、セクハラ(男性器のあだ名をつけて呼ぶ、すれ違い様にお尻を揉む、避けられない空間でのひわいな質問や直接的に胸を触る、など)に黙って1年耐えていたら、それも不愉快だったのかゴールデンウイーク明けに『力不足なのでもう来なくていいです』と言われてそれっきりです。会社からは、余計なことを言ったらもうお前に仕事を振らないぞ、と強く言われていましたのでこれを発信するということはそういうことです」と告発していた。 

飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

ポーラのホワイティシモ

この白、サイエンスの結晶【ホワイトショット】