Zeebra、亡き祖父の過去「取り返しつかない」

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 ヒップホップミュージシャンZeebra(48)が、母方の祖父で東京・永田町にあったホテルニュージャパンの経営者などとして知られた実業家横井英樹氏(享年85)の過去について「申し訳ない気持ちしかありません」との思いを明かした。

24日放送のTBS系「1番だけが知っている」では、週刊文春の元記者が登場し、自身が知る1番の悪人として横井氏の名をあげた。横井氏は海運業や観光レジャー産業などで成功し、戦後を代表する実業家の1人だが、82年に死者33人を出したホテルニュージャパン火災事故で業務上過失致死傷罪を問われ実刑判決を受けたことや、株買い占めによるデパート白木屋買収を企てた「乗っ取り屋」と呼ばれたことでも知られる。番組では、さらに元記者が知る横井氏の言動が紹介された。

放送後、Zeebraは「祖父が取り返しのつかない事をしたのは自分の運命です。ご迷惑を掛けた方には申し訳ない気持ちしかありません。自分はその分少しでも善行が出来ればと思って生きてます」とツイートした。 

飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

ポーラのホワイティシモ

この白、サイエンスの結晶【ホワイトショット】