「闇営業醜聞」余波!「水ダウ」のせいで「ナダルも処罰」不可避説!?

 喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

 「闇営業騒動」の波紋が広がり続けている。

 カラテカ・入江慎也が仲介した振り込め詐欺グループの忘年会に出席したとして、雨上がり決死隊宮迫博之レイザーラモンHGら人気芸人が相次いで謹慎。

 さらに6月27日にはスリムクラブ暴力団幹部の誕生パーティで闇営業を行ったとして所属する吉本興業から無期限謹慎処分を受けた。

 そんな中、お笑い業界では“一人の芸人”に注目が集まっている。芸能関係者が明かす。

「反社会的勢力との交際が発覚したわけでもないのに、吉本内部で『何かしらのペナルティを与えざるを得ない』と言われている微妙な立場の芸人がいるんですよ」

 その芸人とはコロコロチキチキペッパーズナダルだという。

「発端となった番組は『水曜日のダウンタウン』(TBS系)。闇営業騒動の発覚直前に放送された同番組での『ナダルの扱い』が面倒なことになっているんですよ」(前出・芸能関係者)

 いったい、ナダルはどのような扱いをされたのか。

「《俺になにか言わなきゃいけないことないかとカマかけられたらベタに余計なこと言っちゃう説》という企画でドッキリにかけられたのですが、ナダルは闇営業を告白しただけでなく、『さらに問題のある行為』について告白して“ピー音”が入れられたのです。スタジオから悲鳴が上がり、MCの浜田雅功も『アカンアカン』と困惑していました」(前出・芸能関係者)

 この内容が「冗談では済まなくなりそうなんです」と、話す同関係者がさらにこう明かす。

コンプライアンス徹底を宣言しただけに、ナダルが明かした“ピー音”の行為をハッキリさせるべきではとの声が吉本から出ている。番組の扱いを見るに“処罰不可避”の行為である可能性は極めて高いんじゃないでしょうか」

 少々気の毒なナダルであった。

飲食店、美容院のホームページ作るならグーペで決まり!

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

ポーラのホワイティシモ

この白、サイエンスの結晶【ホワイトショット】