ジャニー喜多川氏 くも膜下出血で入院中 ジャニーズ事務所が発表

 ★低コストではじめよう★お店のサイトをもっと簡単にカッコよくしたいと思ってる方にオススメです

 近藤真彦(54)、少年隊、嵐ら人気男性タレントが多数所属するジャニーズ事務所は1日、社長のジャニー喜多川氏(87)が6月18日に救急搬送され、入院中であることを発表した。嵐がこの日、都内でグループ初の展覧会「ARASHI EXHIBITION “JOURNEY” 嵐を旅する展覧会」の取材会を行い、その場で報道陣に書面を配って明らかにした。

 医師の診断では解離性脳動脈瘤破裂によるくも膜下出血。18日午前11時30分ごろに体調の異変を訴え、都内の病院に緊急搬送された。ジャニーズ事務所は「皆様にはご心配をおかけいたしまして誠に恐れ入りますが、今もジャニーは必死に頑張っておりますので、治療に専念することを最優先とさせていただきたく、ご理解くださいますと幸甚に存じます」とコメントしている。

 スポニチ本紙の取材によると、救急関係者は「搬送された時は意識不明の状態でした」と話している。搬送先の病院では集中治療室(ICU)で治療が施したが、そのまま入院。意識は現時点で戻っていないという。

 事務所トップの容体急変は、すぐに所属タレントに知らされた。昨年末に芸能活動から引退し、事務所を裏方として支える滝沢秀明氏(37)のほか、東山紀之(52)や中居正広(46)、木村拓哉(52)らが病室に急行。近藤真彦(54)は滞在先のドイツから予定変更して駆けつけた。ジャニーズJr.を含む所属アイドルのほぼ全員がこの日まで病室に駆け付けて回復を祈った。

 この日の会見で松本潤(35)は「先月、6月18日に弊社の社長、ジャニー喜多川が病院に緊急搬送されました」と改めて報告。現在も所属タレントが日々、病室を訪れているといい「僕たち(嵐)は19日に5人でジャニーさんの元にお見舞いに行きました。その後もそれぞれ、時間がある時になるべく、ジャニーさんの病室に通っているような、現状です」と説明した。

 また、松本は「今はジャニーさんが1日も早く元気に回復してくれることを祈っています。また、皆様には今は静かに温かく見守っていただければと思っておりますので、何卒、よろしくお願い致します」と語った。

 ジャニーさんは近年、体調不良で入退院したことはあるが、事務所が公表したのは初めて。 

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

【ポーラ】最高峰B.A の日中用クリーム