嵐・松本潤が大物俳優の前でやらかした大失態!東山紀之を激怒させていた

 ★低コストではじめよう★お店のサイトをもっと簡単にカッコよくしたいと思ってる方にオススメです

 北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」(NHK)が、北海道内でひと足早く、6月7日に先行放送された。全国放送は7月15日。主役の嵐・松本潤は、激動の幕末に蝦夷地を調査し、「北海道」と命名した探検家・松浦武四郎を演じた。作中では、イントネーションが肝となるアイヌ語のセリフを丸暗記するという、努力家の側面を見せている。  トップアイドルにして、名俳優でもある松本。しかし、嵐結成前のジャニーズJr.時代には、ドラマの現場で大失態をしたことがある。

「マツジュンはNGを連発させて、現場を凍りつかせているのです。しかも、大物俳優がずらりといる現場で。そのシーンで一緒だったのは森光子、加賀まりこ高橋恵子風間杜夫、中条きよしといった超大物ばかり。親以上に年の差があるベテラン勢を前にして、セリフがぜんぜん話せなくなり、NGを重ねて録り直すこと、およそ20テイク。事務所の大先輩である東山紀之さんに、めっちゃキレられたそうです」(アイドル誌ライター)

 その作品とは、作家・内館牧子の脚本で、98年10月期に放映された「必要のない人」(NHK)。15歳の松本にとっては、先輩で元男闘呼組岡本健一との初共演作でもあった。

 物語は、東京・銀座の老舗そば屋を舞台に、その女将と、リストラされ職を失った甥の一家が織り成す辛口ホームコメディ。松本は勉強が苦手で、プロレスだけが心のよりどころの中学生・拓を演じた。

「東山は、このドラマに出ていません。なのに、なぜ怒られたのかといえば、翌99年1月期のNHK大河ドラマ元禄繚乱』の撮影中で、同じ時期に同じNHKスタジオで撮っていたからです。東山さんから『おい、松本いるか!?』と呼びだされた松本さんは、廊下で直立不動のまま、ちょんまげ姿の先輩からみっちり絞られたといいます」(前出・アイドル誌ライター)

 東山と、亡き森さんといえば、親子に例えられるほどの密接な関係。森さんは“ジャニーズの母”と崇められ、上は近藤真彦から下はJr.まで、幅広い層からリスペクトされた存在だった。そんな森の現場でNGを連発させたため、東山がお冠になるのは当然と言えるだろう。

 あれから21年。東山のお叱りが効いたのか、アラフォーになった松本は、撮影現場でほとんどNGを出さないという。 

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

【ポーラ】最高峰B.A の日中用クリーム