井上真央主演、フーテンの寅さんの少年時代をドラマ化

 ★低コストではじめよう★お店のサイトをもっと簡単にカッコよくしたいと思ってる方にオススメです

 山田洋次監督が50年の歳月をかけて製作し、シリーズ50作目となる新作映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』の公開に先駆けて、山田監督が小説で描いた主人公・車寅次郎の少年時代の物語『少年寅次郎』が、NHK総合土曜ドラマ枠で映像化される。井上真央が寅次郎の育ての母・車光子役で主演する。

 原作の『悪童(わるがき)小説寅次郎の告白』は、国民的映画『男はつらいよ』の主人公、フーテンの寅さんこと車寅次郎の出生の秘密から、戦争をはさんだ悪ガキ時代、そして最愛の妹さくらに見送られて葛飾柴又の駅から旅立つ14歳までの物語。

 昭和11年2月26日。車家にも226事件が勃発。雪のこの日、帝釈天の参道にある団子屋の軒下に置かれていた赤ん坊は、この家の子どもになった。そして腹違いの妹さくらの誕生、小学校時代に始まった戦争と父の出征、初恋…そしてその後の寅次郎につながる家出。

 忘れたくない真っすぐな心と、そして、少年の目を通してこの時代を正直に生きた大人たちの世界を描いた原作の脚本化を手がけるのは、連続テレビ小説ひよっこ』の岡田惠和氏。なさぬ仲の育ての母は寅次郎のアキレス腱。母を悲しませないためだけに、悪の道を何とか踏みとどまって14年生きてきた。そして、さくらへの無垢な愛情。この2人への感情が、寅次郎という人間の骨組みを作ってきた。どんなにいいかげんで、どんなに破天荒でも、人への悪意はそこにない。損得では動かない。人の心を溶かす寅次郎の秘密がそこにある。そんな笑えて泣ける市井の人々の物語を、紡いでいく。

 井上のほかに、ぐうたらな父・車平造役に毎熊克哉、おいちゃん(平造の弟)こと竜造役に泉澤祐希、おばちゃん(竜造の妻)ことつね役に岸井ゆきの帝釈天住職の御前様役に石丸幹二が決定している。 

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

【ポーラ】最高峰B.A の日中用クリーム