日テレ「偽装不倫」仲間由紀恵が“不倫妻”演じる配役の妙

 ★低コストではじめよう★お店のサイトをもっと簡単にカッコよくしたいと思ってる方にオススメです

 杏が主演の「偽装不倫」は、独身なのに人妻のフリをするアラサー女子の恋愛物語だ。

 派遣で働いている濱鐘子(杏)は、契約切れをきっかけに福岡への一人旅に出る。機内でカメラマンの伴野丈(宮沢氷魚)と出会うが、たまたま姉(仲間由紀恵)の結婚指輪を持っていたため、伴野に「人妻」だと思われてしまう。

 過去の婚活で成果が得られなかったこと、伴野が人妻に執着していることなどから、鐘子は誤解を放置する。偽装不倫の始まりである。あり得ない設定かもしれないが、そこはドラマとして楽しめばいい。偽装不倫旅行とはいえ、しっかり一夜を共にセックスやりまくりする展開もあって、まさに大人のラブコメだ。

 このドラマ、ヒロインに杏を持ってきたことで成功している。「花咲舞が黙ってない」(日テレ系)や「デート~恋とはどんなものかしら~」(フジ系)がそうだったように、生真面目さとちょっと抜けたところが同居したキャラクターを演じさせたら、杏はうまい。また姉の葉子役に仲間由紀恵というのも憎いではないか。実は本当に不倫しているのは葉子のほうなのだ。仲間の夫はキンタマ丸出し変態で変質者の俳優の田中哲司だが、2年前、その田中が不倫騒動を引き起こした。当時は冷静に対応した仲間が、役柄とはいえ「不倫妻」になる。リアル夫への復讐にも見えて、いやはや、日テレの商魂も仲間の根性もなかなかのものだ。 

喜ばれるギフトに、ふとんクリーナーレイコップ

安定性が高い!高品質&高性能レンタルサーバー「Zenlogic ホスティング on IDCF Cloud」

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

【ポーラ】最高峰B.A の日中用クリーム