前澤友作氏「TVタックル」緊急初出演!初対面ビートたけしの「大儲けしようと?」に苦笑

 衣料通販サイト「ZOZO」の創業者・前澤友作氏(44)が今月21日に放送されるテレビ朝日ビートたけしのTVタックル」(日曜正午)の年末スペシャル「たけし&爆笑問題がメッタ斬り!2019をザワつかせた50人」(後6・56〜9・54)に緊急初出演。収録でビートたけし(72)と初対面を果たした。

 たかしが「(会うのは)今日が初めてだけど、オレが勝手にワーワー言っていたんだよ。剛力(彩芽)さんと付き合いやがって、チクショーとか。オレが邪魔してやるとかいろいろ言っていたの(笑)。でも、凄いね、我々の世代とは違う新しい起業家という感じで」と印象を語っていると、前澤氏がスタジオに現れる。

 前澤氏は今年9月、ZOZOの社長を退任。たけしが「株を持っているから面倒くさい仕事は他人に任せて、(株価が)上がった瞬間に大儲けしよう、という感じですか?」と率直すぎる質問をぶつけると、前澤氏は「そういうこと…ではないですね(笑)」と苦笑いしながらも本音を明かす。

 その他、剛力をもてあそんで飽きたからと破局した心境など、ズバズバと繰り出される質問にも、前澤氏は丁寧に回答。大竹まこと(70)が「何だか(我々が)責めているようになっていますが、楽しい話をしたければしてもいいんですよ」と気遣うと、これには「いえ、あまりに打ち合わせにない話が出てくるので(笑)」と笑顔で応えていた。