NHK紅白“裏の目玉”か…欅坂46平手友梨奈に関係者ピリピリ

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 大みそかの「紅白歌合戦」が迫る中、NHKが“1人の少女”の動向にピリピリしている。4度目の出場となる欅坂46のセンター、平手友梨奈(18)だ。2年前の紅白で歌唱中に倒れる“騒動”を起こした危うすぎるエースだけに、局内で「無事完走できるのか」と心配の声が高まっているという。

「平手は2017年の紅白で、欅坂46の代表曲『不協和音』を熱唱。既成概念に反発し、〈僕は嫌だ!〉と叫ぶ歌詞が特徴の歌で、ダンスも激しい。平手は何かが憑依したような鬼気迫る表情で歌っている際、ほか2人のメンバーとともに過呼吸で倒れるという騒動を起こしたのです」(アイドルライター)

 平手は昨年の紅白を、腰や腕の不調などの理由でリハーサル&本番ともに欠席。2年ぶりの復活となるはずだが、「本番をドタキャンしないか。局内で心配の声が広がっています。紅白担当者は平手の動きに番組終了まで気が休まらないでしょう」(NHK関係者)

 愛知県出身の平手は、オーディションで欅坂46メンバーに。16年4月発売のグループのデビュー曲「サイレントマジョリティー」からセンターを務めた。

「ショートヘアで無口、物憂げな美少女。ただ、マイクを握ると、すごい集中力で全身全霊のパフォーマンスを展開します。一方、体調不良やけがを理由に大きな仕事を欠席することもある。今年6月のテレビ東京系大型音楽特番『テレ東音楽祭』生放送の出演を取りやめたり、グループの夏ツアーも複数の公演で登壇しなかった。普通のメンバーなら“クビ”もあるのでしょうが、平手に代わる存在がいないのです」(前出のNHK関係者)

 さらに不安視されるのは、今回の曲が17年の紅白でも歌った「不協和音」ということ。

「平手は『不協和音』を歌う際、殺気すら感じる“ゾーン”に入ったかのようなパフォーマンスをします。再び倒れないとも限らない。ただ、今でも勢いがある欅坂46乃木坂46、日向坂46の“坂道グループ”は紅白から外せない。また、平手は“狂気”を醸し出せる稀有なアイドルでもあり、周囲はご機嫌を取り続けるしかないという事情もある。ただ、紅白で再び騒動を起こすと、さすがにサジを投げられてしまうかもしれませんが……」(芸能ライターの吉崎まもる氏)

 今年の紅白はビートたけしの歌手としての初出場や、ラグビー日本代表選手出演など、いくつか見どころがある。ただ、“裏の目玉”は平手のステージと言っていいだろう。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

至高の一杯、最高級品質の青汁「恵みの麹青汁」

しみとり