永野芽郁が「半分、赤い」20才誕生日会でほろ酔い姿解禁撮

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 20才になり、お酒を飲める年齢になった。永野芽郁は“大事な人たち”とのパーティーでどんなお酒を飲んだのだろうか。

 12月のある日、東京・渋谷のNHK放送センターにほど近い、少し路地を入ったイタリア料理店。午後7時半過ぎ、楽しげに談笑しながら入っていく一団の中に、おしゃれな薄紫の上着を着た美女がいた。永野だ。

「この日は永野さんの20才のバースデーパーティーだったようですね。誕生日は9月24日ですが、NHKの朝ドラ『半分、青い。』の関係者がお祝いしてくれたようです」(芸能関係者)

 作品は2018年上期の放送で、番組終了からかなり時間が経過している。永野の誕生日も3か月も前の話だ。それでもわざわざパーティーで祝福されるとは──。

 NHK朝の連続テレビ小説半分、青い。』で永野は、左耳が聴こえないハンデを乗り越え、漫画家を目指す健気な女の子を演じた。持って生まれたみずみずしい存在感と、北川悦吏子氏の脚本がピタリとはまり、平均視聴率は21.1%と大台をキープ。ヒロインの重責を果たした。期待に応えた永野に、NHKのスタッフ陣がどれほど感謝しているか、このパーティー開催でも一目瞭然だ。

 永野は小学校3年生の頃、東京・吉祥寺でスカウトされ、芸能界入りした。デビュー当初は映画の子役などで活躍。2013年のNHK大河ドラマ『八重の桜』にも出演した。一方で、ファッション誌『nichola』『ニコ☆プチ』、さらには『Seventeen』など、ティーンモデルとしても活動。『カルピスウォーター』のCMなど、多方面にひっぱりだこな人生を歩んできた。

「永野さんが愛される理由は、その性格からです。幼い頃からちやほやされる環境にいながら、性格は謙虚でまっすぐ。たまに飛び出す天然な発言も、男女問わずファンが多い理由でしょうね」(映画関係者)

 午後10時半頃、店を出た永野はほんのり赤ら顔だった。一体、どんな酒を飲んでいたのだろう?

「永野さんが顔を赤らめながら飲んでいたのは、ミモザです。シャンパンをオレンジジュースで割ったカクテルですね。そんなにキツイお酒じゃないけど、彼女はほろ酔いで、常にニコニコしていたようですよ」(前出・芸能関係者)

 半分赤い顔もまたキュートだったようだ。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

至高の一杯、最高級品質の青汁「恵みの麹青汁」

しみとり