嵐の歌唱力では不安だった!? 紅白歌合戦で特別扱いだった米津玄師『カイト』

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

「五輪紅白」の演出が裏目に出たのかワースト視聴率となってしまった昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』。歴代五輪のテーマ曲が続く流れで、嵐が披露したのが「NHK2020ソング」である『カイト』。NHKは米津玄師が作った同曲を五輪やスポーツ番組にとどまらず、様々な場面で使用し、2020年を象徴するような曲にしていくつもりとあって、夜の新国立競技場を貸し切る特別扱いだった。

 ただ、このコラボを不安視している人もいるようだ。

「楽曲については絶賛されていたものの、一部では『嵐の歌唱力のせいで凡庸な曲に聴こえる』との声が聞かれます。今回、嵐はVTRでの出演でしたが、同曲は難しい高音部分もあり、生歌だとキーを外してしまう場面もありそう。嵐は決して歌がうまいと言われるグループではないので、米津が歌っていたらどんな感じに仕上がったのかと期待してしまう関係者も少なくないです」(レコード会社関係者)

 実際、ネット上では「嵐じゃなくて米津本人に歌ってほしかった」「何でせっかく作るいい曲をジャニーズで台無しにしちゃうのかな」「パプリカを‪米津がセルフカバーして、やっぱり作った本人が歌うのが一番じゃんってわかったはずなのに……」といった書き込みも目立つ。

 さらに、嵐と米津といえば、前作『BRAVE』と『馬と鹿』のシングルが同日発売となり、熾烈なバトルを繰り広げた関係でもある。

「初週のシングル売り上げ枚数は『馬と鹿』の約43万枚に対して、『BRAVE』が約70万枚で勝利。しかし、ラジオやダウンロードなど他指標を含めた総合ソング・チャート『JAPAN HOT 100』では米津が逆転して総合首位を獲得しています。『BRAVE』は日本テレビの公式ラグビーテーマソングでしたが、『ノーサイド・ゲーム』(TBS系)の主題歌である米津の『馬と鹿』のほうがラグビーのイメージが強いせいか、『スッキリ』(日本テレビ系)のラグビーコーナーのBGMに使われ波紋を呼んだこともありました」(芸能記者

 果たして、『カイト』は嵐、米津ファン双方から支持され、NHKが描くような楽曲に成長していくだろうか。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

至高の一杯、最高級品質の青汁「恵みの麹青汁」

しみとり