白石麻衣が乃木坂卒業!「私も27歳」3月発売曲で

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

乃木坂46白石麻衣(27)が、3月25日発売の25枚目シングルの活動をもってグループから卒業することが6日、分かった。都内で日刊スポーツなどの取材に応じた。

乃木坂46を初期から支え、常に先陣を切って仕事を開拓してきた絶対的エース。アイドル界を席巻する「坂道」グループの礎を作った“坂道レジェンド”の1人が、新たな道へはばたく。

   ◇   ◇   ◇

白石は、メンバーたちに卒業を伝えた直後に、取材に応じた。曇りのない表情で、卒業に至った経緯を明かした。18年頃から卒業を意識し、昨夏に決心がついたという。「私も27歳になって、次は外から乃木坂を見守っていきたいという思いが強くなりました」。後輩も増え、グループも大きくなった。「4期生まで含めて頼もしく成長してくれたので、今なら卒業のタイミングかなと思って決めました」と笑顔で心境を明かした。

11年8月、音楽系の専門学校の講師から勧められ乃木坂46の1期生オーディションに応募し、合格。「AKB48の公式ライバル」としてのグループ結成。当時は不安が大きかった。デビュー年の12年に北海道で握手会を開いた際には、ほとんどファンが訪れなかった。街中で「AKB?」と言われることも多かった。

「デビュー前後はグループ名も知られてない状態だったので、地方でティッシュ配りとかキャンペーンもさせていただきました。苦労しましたし、生活にも慣れなくて最初の1、2年は何回も辞めたいって思いました。でも、ファンの方やメンバーのおかげで頑張ろうという気持ちになれました。気付いたら8年半がたっていました」

グループでいつも先陣を切っていた。ソログラビア、ソロ写真集、ファッション誌専属モデル、テレビ番組ソロレギュラーMCなど、多くの分野で「グループ初」の開拓者となった。「私の力とかじゃなくて、みんなの実力です」と謙遜するが、「グループの外に出てのお仕事は、自分のため以上に、グループにどうつなげていくかを考えていました」と振り返る。

卒業ライブの場所や時期などは検討中。卒業後は女優業やモデル業などを続けていくという。18年の出演テレビCM会社数ランキングは女性タレント1位。文字通りグループの顔が卒業するが、白石は「乃木坂はまだ大きくなれると思います。なれますっ!」と言い切る。

「1期生から4期生まで、みんなに期待しています。輝いている子がいっぱいいるし、そこを新キャプテンの秋元真夏に引っ張ってもらって。私はいちファンとして応援にいけたらいいなと思います」

乃木坂46を力強くけん引し、国民的アイドルに上り詰めた“レジェンド”は、最後まで謙虚にアイドル活動を締めくくる。

白石麻衣「開拓者」としての歩み>

▼11年8月 乃木坂46の1期生オーディションに合格。「暫定選抜」に選ばれ、「七福神」入り。以後、メンバーの中で唯一全シングルで「福神」入り

▼同11月 「FLASH」にグループ初となるソログラビア掲載

▼12年11月 「ガールズアワード」のランウエーに西野七瀬とともに登場。グループ初のランウエー

▼13年1月 フジテレビ系競馬番組「うまズキッ!」(現「馬好王国」)にMCとして出演。メンバー初のテレビ番組レギュラーMC

▼同3月 ファッション誌「Ray」の専属モデルに。グループ初の専属モデル

▼14年12月 乃木坂46メンバーとして初のソロ写真集「清純な大人」発売

▼17年2月 セカンド写真集「パスポート」発売。現在までに27度の重版で累計発行38万部と空前の大ヒットに

▼同12月 西野とのダブルセンター楽曲「インフルエンサー」が、グループ初のレコード大賞受賞

▼18年12月 出演テレビCM会社数年間ランキングで女性タレント1位。出演18社はグループ史上最多

▼同月 センター曲「シンクロニシティ」で2年連続レコード大賞

▼19年12月 NHK紅白歌合戦で「シンクロニシティ」をパフォーマンス。史上初となった「坂道」3グループ合同パフォーマンスでも、やはりセンターを務めた

白石麻衣(しらいし・まい)1992年(平4)8月20日群馬県生まれ。11年8月加入の1期生。愛称「まいやん」。17年2月発売のセカンド写真集「パスポート」(講談社)は累計発行38万部の大ヒット。これまで発売された全24のシングルで選抜入り。センターは4回務めた。162センチ。血液型A。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

至高の一杯、最高級品質の青汁「恵みの麹青汁」

しみとり