石田純一「余命8年」宣告にぼう然…義父・東尾修より長生きできず、後8年やりまくるぞ不倫は文化だあ~

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 タレント、石田純一(65)が6日放送のTBS系「名医のTHE太鼓判!SP」(後7・0)に出演。名医たちから「余命8年」の宣告を受けた。

 この日は「新春!芸能人余命宣告SP」と題して、身体に問題を抱えた芸能人の「人間ドック」の診断結果と日頃の食生活をもとに、名医たちがズバリ余命を宣告。

 石田は妻でプロゴルファーの東尾理子(44)とともに出演し、人間ドックもそれぞれ受診。理子は、女性の平均寿命87歳に対して「寿命84歳・余命40年」という結果になり、安堵。名医も「結果としてはよかった」と太鼓判を押したが、一部の脳血管が細い疑いがあり、定期的な検査をすすめられた。

 一方、石田は男性の平均寿命81歳に対して「寿命73歳・余命8年」と通告され、「10年ないんですか…」とぼう然。人間ドックで肝臓と血管、脳に異常が見つかったという。

 肝臓は、肝機能に関する数値が軒並み高く、慢性的にダメージを受けている状態だといい、医師に「原因の一つはアルコール。それほどお酒を飲んでいなくても脂肪肝がありますので…」と禁酒、あるいは酒量を減らすことをすすめられた。

 血管については、首の血管にコブ(プラーク)が見つかったほか、動脈硬化も進んでいるため心筋梗塞のリスクが高いことを指摘された。

 脳に見つかったのは「大脳白質病変」という異常。脳の神経が束になっている場所「大脳白質」の血管が動脈硬化を起こしている状態だといい、異常は4箇所見られた。また、微小ではあるが脳出血を疑わせる箇所もあったという。

 実は、石田とは4歳違いの義父でプロ野球解説者、東尾修(69)も検査を受けており、診断は「寿命79歳・余命10年」。2人は普段から「どっちが長生きするか競争しよう」と話していたというが、義理の息子のほうが寿命が短いという結果に…。石田は収録後、医師による改善のアドバイスに聞き入っていた。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

至高の一杯、最高級品質の青汁「恵みの麹青汁」

しみとり