トリの嵐、MISIAを“限界突破”氷川きよしが猛追! 紅白「一番良かった歌手」緊急アンケート結果発表

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 令和初となった第70回NHK紅白歌合戦。52組のアーティストたちによる年末恒例の祭典は、3年続けて白組の勝利で幕を閉じました。

 トリを含む見せ場の多い第2部(21時~)の平均視聴率(関東地区)は37.3%と、1989年の2部制開始以降最低になったものの、Foorinの「パプリカ」にはじまり、AKB48の多国籍出演、初出場の竹内まりやと賑やかなステージが続きました。その後も、ラグビー日本代表に送った松任谷由実の「ノーサイド」、ド派手な「限界突破」パフォーマンスの氷川きよしと、紅白トリのMISIA、嵐に至るまで、まさに2019年の総決算となりました。

 令和初となった第70回NHK紅白歌合戦。52組のアーティストたちによる年末恒例の祭典は、3年続けて白組の勝利で幕を閉じました。

 トリを含む見せ場の多い第2部(21時~)の平均視聴率(関東地区)は37.3%と、1989年の2部制開始以降最低になったものの、Foorinの「パプリカ」にはじまり、AKB48の多国籍出演、初出場の竹内まりやと賑やかなステージが続きました。その後も、ラグビー日本代表に送った松任谷由実の「ノーサイド」、ド派手な「限界突破」パフォーマンスの氷川きよしと、紅白トリのMISIA、嵐に至るまで、まさに2019年の総決算となりました。

 そんな今回の紅白歌合戦、読者が「一番よかったと思う歌手」は誰なのでしょうか。今回のアンケートは、2019年12月31日から2020年1月5日までという短い投票期間にもかかわらず、17歳から88歳までの幅広い年齢層から総投票数3335票(男性約58%、女性約42%)が集まりました。さっそく上位20組の順位を見ていきましょう。

2位 MISIA

 紅組のトリとして、真っ赤なドレスで登場したのはMISIA。ステージの暗転をうけて一気に純白のドレスとレインボーフラッグの背景に変化。まばゆいばかりの光の中で「INTO THE LIGHT」を披露し、演出でも歌声でも魅了する圧倒的なパフォーマンスで多くの読者から票を集めました。

1位 氷川きよし

 紅白の着物姿で、2019年発表したデビュー20周年記念シングル「大丈夫」を披露したかと思えば、一転、タイトな黒一色のコスチュームに身を包み、金の竜に乗ってロック歌手さながらのヘッドバンギングを披露した氷川きよし。これまでの演歌のプリンスから「限界突破」したステージに、圧倒的な支持が寄せられました。

「新しい紅白のラスボスの誕生を感じたし、一皮むけたような表情だった。紅白らしい演芸っぽい演出も良かった」(女・44)

「演出が凄いにもかかわらず、またそれに負けない歌声だった。新しい氷川きよしを見れた気がした」(女・47)

「紅白の着物姿で、『大丈夫』を歌った後、ロック歌手の様な派手な衣装に早着替えされて、『限界突破×サバイバー』を激しくシャウト、ヘッドバンギングしながら歌い、演歌からロックまで上手で、演出の部分でも、真のエンターテイナーだと思った」(男・43)

「人間は何歳になっても自分の思う方向に進むことができると体現していて、勇気をもらった」(男・26)

「演歌の氷川くんは好きではありませんでしたが、イメージチェンジしたビジュアル系の彼はかっこよかった。ドラゴンに乗る姿は迫力がありました」(女・60)

「吹っ切れた様に見え、勢いのある歌と中性的なビジュアルが良かった」(女・37) 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

至高の一杯、最高級品質の青汁「恵みの麹青汁」

しみとり