劇的な脱出に成功したゴーン被告 テロと犯罪者にとって天国の海外はどう見ているか

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 12月31日、日産の元社長、カルロス・ゴーン被告による突然の声明に世界は驚きと怒りを隠せなかった。

日本にいるはずのゴーン被告は、「私は今、レバノンにいる。私は正義から逃れたわけではない。不公正と政治的迫害から逃れた」と発表。また、「日本の司法制度は基本的な人権を無視している」と批判した。同氏はどうやって脱出できたか、その詳細はまだわかっていない。

ゴーン氏の脱出は、アレクサンドル・デュマ作「モンテクリスト伯」の大脱走のような逃亡劇で、ハリウッド映画並みの策略とサスペンスに溢れている。「世紀の脱出王」の異名をもつハリー・フーディーニのようでもある。「逃亡者」や「パピヨン」などの有名な脱出映画よりも現実味があって、ハリウッドが絶対にこの事件を映画化したがるに違いない。すると気になるのは、誰がゴーン氏を演じるのか──。

しかし、あれだけ監視されていたにもかかわらず、彼はどうやって逃亡・出国できたのか。なぜフランスのパスポートを2部持っていたのか(常時携帯の義務があり、鍵のかかったケースに入れて持っていたというが)。 

レバノンのMTV局によると、12月29日の夜に、ゴーンは東京の自宅でホームコンサートが終わった直後に、楽器のケースに身を潜めてクルマで大阪まで行って飛行機で逃亡したと伝えていたが、1月3日のニュースでは、監視カメラの映像でゴーンはなんと29日のお昼頃、一人で家を出たと報道されている。

これから少しずつその真実が明らかになっていくだろう。まず1月2日には、国際刑事警察機構(インターポール)から、ゴーン被告の身柄拘束を求める「レッド・ノーティス」という国際逮捕手配書が出された。しかし、レバノンと日本には逃亡犯罪人の引き渡し条例がないため、彼はレバノンにいる限り自由に動けるようだ。

また同日の報道によると、トルコ当局がゴーン被告の不法出国に関連して拘束した7人のうち、4人はパイロットだったという。やはり、この事件は映画になるほどのネタが満載だ。

海外の反応は様々。アメリカのロサンゼルスタイムズ紙は5つの質問をあげている。

1つめは、彼はどうやって脱出したのか? 2つ目は、日本での反応はどうなっていて、安倍首相はどうコメントするのか。3つ目はゴーン被告はこれからどうするか? 4つ目は、彼の裁判はどうなっているのか? このままキャンセルされるのか? 5つ目は、ゴーン被告がいう『日本の不公正と政治的迫害』はどういう意味か? これで検察側は悪影響を受けるのか? といったものだ。

なお、ゴーン被告は日産を救ったヒーローだと思っているレバノンの市民にとって、同氏の脱出の選択は正しかったと同意している国民が多いそうだ。

犯罪者とテロの多いおフランスでは、意見が別れる。彼のようなお金持ちが逮捕され、ごく普通の容疑者と同じような扱いを受けることを喜んでいる人もいれば、国民の中には、日本の司法制度に反感を覚え、今回の脱出にエールを送る人たちもいる。

同国の有力誌フィガロの調べによると、読者の82%がゴーンの逃亡に賛成しているとのこと。アジアタイムズ新聞によると、弁護士が許されない取調べ室で、1日に16時間も続けて尋問され、暖房のない部屋で寝かされたりすると、フランス人の日本の司法制度に対する印象や意見は悪くなるのだろう。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナルも、日本の司法制度に鑑みればゴーン被告が日本から脱出したことは理解できると伝えている。

しかし、拘束中の状況が人権蹂躙だと批判されるほどでありながら、制限住居に移ってからは、居場所確認用のGPS アンクレットも着用させず、監視カメラの映像がリアルタイムでチェックされていないということも、何か理由があったのか、ただ前近代的なのか、訝しい。

僕の友人でアメリカ人の弁護士はこう言っている。

「僕からみると、日本の警察がゴーン被告の監視をわざと緩めたのではないかなと思います、犯罪者の人権を守り被害者をズタズタにする外国のマスコミ。やはり、彼を外国に逃した方が日本の時代遅れの司法制度が全世界から注目されないで済みます。その制度はすでに、海外でかなりのひんしゅくを買っていますからね。また、夏に控えている五輪と考えると、日本は世界に良い顔を見せたいはず。こんな長引きそうで批判されそうな国際裁判が開かれると、日本は悪者に見えてしまいますね」

安倍首相本人がゴーン被告の脱出事件についてコメントをするのか、日本政府のレバノンに対する支援がカットされるのかなどを見れば、日本がどの程度この脱出を気にしてるかがわかるし、日本政府も絡んでいるのかが見えてくるかもしれないと、海外は報じている。

これから日本の出入国のガードが厳しくなるはずなのに、あれだけ顔を知られたゴーン被告の出国がなぜ大阪の関空の税関で発見されていないのか。どうしてトルコのイスタンブール空港で到着や出発が記録されていないのか、ますます疑問が湧いてくる。

フランスの新聞は、1月8日にゴーン被告がレバノンの首都ベイルートで記者会見をすると伝えている。「私はようやくメディアと自由にやりとりできるようになった。記者会見を楽しみにしている」のだという。

さて、どんな事実が明らかになるのか。誰が笑うか、誰が恥をかくか、注目だ。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

至高の一杯、最高級品質の青汁「恵みの麹青汁」

しみとり