LiLiCo、来日30年も「未だに外国人と感じる」 日本人は「一発芸持ってて面白い」

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 タレントのLiLiCo(49)が9日、映画『コンプリシティ/優しい共犯』(今月17日公開)上映前トークイベントに登壇。スウェーデンから来日し、今やすっかり全国区の芸能人となったが、来日して約30年たっても未だに自身が外国人だと感じる瞬間があると明かした。

 本作の主人公は中国から技能実習として日本にやってきた青年チェン・リャン。技能を習得しようと期待に胸を膨らませ日本にやってくるが、劣悪な職場から逃亡、他人になりすましてあるそば屋で働き始めることからストーリーが始まる。

 LiLiCoは「みんな忘れてると思うけど、私はスウェーデン人なので(笑)。ここまで長く日本にいると何人だかよく分からない。まぁスウェーデン葛飾のハーフなんですけど」と笑い飛ばしていたが、本作の主人公のように、来日してからは山あり谷ありの人生だったという。「18歳で(日本に)来て、芸能界でわりとすぐデビューはできましたけど、お仕事をコンスタントにいただくまでは22年くらいかかった」と長い下積み期間があったと明かした。

 また日本で暮らしていく上でビザの取得に苦労しているという。「日本はすっごい難しい。今でも『日本で何してるんですか?』って聞かれるから毎回泣きそうになる。どんなに頑張っても(在留期間が)1年だから。今やっと30年いて、3年とか5年をもらうようになった」としみじみ回顧していた。「今でも入国管理局に行くと『あ、外国人なんだな』って毎回感じますね。よく『もうLiLiCoさん日本人ですよ!』って言われるんですけど、全然日本人ではないですね」ときっぱり語った。

 しかし、日本の文化は大好きだそうで、「日本人と話すと面白い。芸能人じゃなくても、日本人は一発芸を持ってたりとか、ものまねができたりとか。新年会、忘年会の文化だと思うんですけど、本当に面白い」と“日本愛”を興奮気味に語っていた。

 イベントにはそのほか、インスタグラムなどのSNSで話題の中国人モデルの“栗子(くりこ)”ことロン・モンロウも登壇した。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

しみとり