織田裕二が明かす“来るものは拒まずの姿勢”を貫くスターの仕事観

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 俳優として常にトップを走り続けてきた織田裕二。これまでに多くの名作、ヒット作で、正義感と人情、そして揺るぎない信念に満ちた役柄を演じてきた。そんな織田だが、一方ではコミカルな一面をのぞかせるCMや、スポーツ番組MCなど俳優以外の活動にも精力的に取り組んでいる。スターでありながら、ニュートラルな姿勢で幅広い仕事を楽しんでいるかのような織田の「働き方」、現在の境地へ至るまでの心境について聞いた。

■初めての主演のときに知った“トップの孤独”

──前作『監査役 野崎修平』を経て、2年ぶりに『連続ドラマW 頭取 野崎修平』(WOWOW)の主演に臨みました。本作への想いをお聞かせください。
織田裕二 シリーズものと言いますか、何年か空けて同じ人物を演じることはこれまでにもあったけど、前作とまったく真逆の立ち位置を演じたことはなかったので、おもしろかったですね。前作では、身内をチェックする監査役として下から上へ、頭取に対してもズバズバと問題を突き上げていったわけですが、今回は少なくとも銀行内部には自分より下の人間はいない。「頭取は孤独なんだ」なんていうセリフも出てきますけど、前作との違いを楽しんで演じました。

──“トップの孤独”は、常に座長として現場を引っ張ってきた織田さんの俳優業とも共通するところはありましたか?
織田裕二 それは、初めて主演をやったときに知りました(苦笑)。ドラマや映画作りの現場において、主演俳優はある意味で社長のようなトップの立場であって、ドラマであれば視聴率が取れなければ、映画であれば観客動員が伸びなければ、責任を負うのは当然なんです。銀行として進む方向を間違えて社員たちの生活を守れなければ、頭取が責任を負うのと同じ。だから、下の人間たちも「こいつはちゃんと舵取りができるのか?」という目で見てくるわけですよね。だけどあの「頭取は孤独」というセリフは、チームの大切さに改めて気づくための伏線なんです。トップに立つと、どうしても自分がなんとかしなければと考えがちだけど、1人でできる仕事なんてこの世にほとんどないんですから。

──取引先の会社員に「あなたのようなトップの下で働きたかった」と言われる場面もありますが、トップとしての野崎修平の器量はどこにあると思いますか?
織田裕二 彼は二世代くらい下の若手をすごく大切にしているんです。下町の銀行の支店長だった頃から一貫して追い求めてきた「真に社会に貢献できる銀行」という理想を、頭取という立場になって実現しようとするわけだけど、社員のなかには利益ばかり考えている人間もいる。たとえ不正をしてでも……。とくにある程度、年齢がいってしまうとそこのマインドを変えるのは難しい。だけど、若手は上司や社風によってどんな色にも染まる可能性に満ちているわけで、そんな彼らに野崎は希望を見出しているんです。

■毎日ワクワクしていた6畳一間ボロアパートの下積み時代

──とは言え、頭取としてときには謀略を巡らせる場面も。「野崎さん、変わりましたね」と部下から言われるシーンもありますが、役作りで前作と変えたところは?
織田裕二 ベースは変えていません。もちろん立場が変われば見られ方も変わるところもあるだろうけど、彼自身の本質は変わっていないですから。彼は仕事をすることによって幸せになりたいんだと思います。それは国の中枢で影響力を持ちたいだとか、金持ちになりたいだとか、そんなことではない。みんな誤解しているかもしれないけど、(ドラマの舞台の)おおぞら銀行の頭取ってそんなに給料よくないんですよ(苦笑)。前作で国有化されて、今作ではメガバンク化も断って、頭取といっても2年限定ですしね。住んでいる家や車を見ても、だいたい彼の給料は想像できると思うんですけど(笑)。

──お金では買えない幸せを、彼は知っているということでしょうか。
織田裕二 人間、最後はそこだと思うんですよ。若い頃、ある先輩に「お前はこの仕事で金持ちになりたいのか? 有名になりたいのか?」と聞かれたことがあったんです。もちろんお金は必要です、ある程度は。だけどすべてを手に入れても、本当に幸せかどうかは疑問がある。というのも当時、僕は6畳一間のボロアパートで一人暮らしを始めた頃で、カーテンを買うお金もなかったから、針金ハンガーに洋服を引っ掛けて窓際に吊るしていたんですね。それでも完全には遮光ができなかったので、下のほうはポスターを貼って。そんな暮らしぶりを「大変でしょう?」と言われることもあったけど、ぜんぜんそんなことなくて。逆に初めて自分の城が持てたことに毎日すごくワクワクしていたんですよ。やっと俺の秘密基地ができた、みたいな感じでね。そこから少しずつお金を貯めて中古のバイクを手に入れたときも本当にうれしかった。

──キャッシュでバーンと買うより、喜びは大きいかもしれないですね。
織田裕二 自分の力で少しずつ勝ち取っていく感じがね。このドラマでいうと(小澤征悦が演じる)京極春樹なんて、生まれも育ちもエリートで、すべてを持っている感じがする。だけど、彼が幸せそうではないのはなぜだろう? ということだと思うんですよね。

■僕にも「これだけはやらない」が1つ、2つあるんです(笑)

──さまざまな人間の仕事を通した生き方を骨太に描いている。だからこそ、本作は大人にとって見応えのある作品になっているわけですが、織田さんにとっての理想の仕事のあり方を教えていただけますか?
織田裕二 どんな職業でも同じだと思いますが、自分が本当にやりたいことが巡ってくるチャンスって、それほどないと思うんです。だから、基本的には来るものを拒まずの姿勢でいますが、そのなかでも「これだけはやらない」というものを決めています。そんなに多くないですけどね。ひとつ、ふたつくらいは僕にもそういうものがあるんですよ(笑)。

──織田さんの犬の着ぐるみ姿(オープンハウス『ジョンシリーズ』CM)には最初、驚きました。たとえば、ああいったお仕事も“やらない”には入らないんですね。
織田裕二 最初は戸惑いましたよ(笑)。だけど、「これだけはやらない」には入っていない。あのCMは、最初はもっと犬っぽい芝居をするようなイメージを伝えられていたんですけど、「犬の着ぐるみを着ているのに極めて人間らしく振る舞ったほうがおもしろい」と提案しました。最初のほうは、けっこう監督ともバッチバチでしたよ(笑)。だけど、「なるほど、じゃあそれで試してみましょう」となって進めていくうちに、僕も監督もおもしろくなっていったんですよね。

──人気シリーズCMとして何作も制作されました。
織田裕二 最初は乗り気ではなかったとしても、自分も一緒に仕事する人間も楽しくできたほうがいいわけですから、いざ決まったら頭を切り替えて、おもしろいところを探すようにしています。それが結果的に食わず嫌いだったと気づくことも多いですから。

──イーデザイン損保のシリーズCMでは、『踊る大捜査線』の青島俊作を彷彿させる熱い芝居を見せています。ああいった“パロディ”を楽しんで演じられているふうに感じさせる織田さんに、懐の深さといいますか、人間性の大きさのようなものを感じます。
織田裕二 あれは、逆に僕が折れました(笑)。僕は別の芝居を提案していましたが、監督が「いや、絶対にこれでいってください」と一歩も引かなかったんです。そこまで言うなら、こっちもやってやろうとなって。この監督も戦っているんだなと感じましたしね。

■出会えてよかった人と別の作品で再会することが“仕事の幸せ”

──その辺は柔軟というか、余裕があるというか。先ほど野崎修平の仕事を通した幸せの話が出ましたが、織田さんにとってそれはどんなものですか?
織田裕二 出会えてよかったという人と、また別の作品で再会できることですね。『~野崎修平』はまさにそうで、今まで何度も映画で一緒に仕事をしてきたカメラマンや照明部、録音部と初めてドラマで仕事をしたのが前作だったんです。彼らは基本、映画をやっている人たちなんですが、「ドラマもやったほうがいい」という話をよくしていたんです。

──若手をフックアップする野崎修平の姿勢に近いですね。
織田裕二 一緒に仕事をしておもしろかった彼らと、映画だけでさよならするのも切なかったので。また映画とは違うドラマ作りのおもしろさも、一緒に味わってほしかったんです。映画は2時間で完成度を追求して作り込むものだから、失敗ができないというか、ある意味で確実なところにはめていくところがあります。音楽で言えば、アルバム作りに近いと言ったらいいかな。一方で、連ドラはライブツアーみたいな感じ。たとえ失敗しても、次回で巻き返すことができるし、その突き進む勢いがいい作品を生み出すこともある。どっちがいい悪いではなくて、両方を知っていたほうがものづくりは楽しいですよね。

──そんな信頼するスタッフと再びタッグを組んだのが本作なんですね。
織田裕二 ひと筋縄ではいかない人物たちの息も詰まるような攻防戦は前作と変わらずですが、前作よりもさらに痛快に感じていただけると思います。というのも、頭取が変わったところが大きい(笑)。前作の頭取は独裁者でしたから、おおぞら銀行の雰囲気も緊張感に満ちていましたが、野崎修平は現場の最前線に気軽に声をかけに行ってしまうタイプなので。トップのあり方によって社風がこれだけ変わるんだというのも、前作と見比べていただけたらと思います。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

トレファク引越

しみとり