さんまも急速にトーンダウン!? 宮迫博之の芸能界復帰だけが暗礁に乗り上げているワケ、何故反社会勢力に金を払ってネタを仕入れたマスコミは問題にならない

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 闇営業問題に端を発したトラブルで、所属の吉本興業との関係が未だにクリアになっていない、雨上がり決死隊宮迫博之。まもなく確定申告の時期とあって、途方に暮れているという。

「闇営業が発覚して以降、タレント活動は休止状態が続いています。それでも、昨年稼いだ収入分の税金は申告しなければならない。昨年11月上旬には、家族揃って東京・目黒区の超高級マンションから引っ越していますから、生活は逼迫しているのでしょう。2月の確定申告を前に、頭を抱えているそうです」(宮迫を知る元吉本社員)

 昨年6月、宮迫やロンドンブーツ1号2号田村亮ほか、吉本芸人11人が、カラテカの入江慎也の仲介で、反社会的組織の忘年会に出席していたことが発覚。吉本から謹慎処分を受けたが、宮迫と田村の2人は、会見を開けば契約を解除すると吉本から通告されながらも、謝罪会見を強行。吉本興業の岡本昭彦社長の恫喝やパワハラを暴露し、これに慌てた吉本が2人の処分を撤回した。

 その後、吉本は宮迫に再三、話し合いを求めたものの、拒絶され、処分保留のまま現在に至っているという。田村亮は近日中に復帰の報告がされるといわれているが、宮迫のほうはまだ目処が経っていない。この間、明石家さんまが救いの手を差し伸べて、宮迫はさんまの個人事務所の預かりとなり、11月21日には、さんまが自腹を切って、都内のホテルで「みんなで一緒にオフホワイトからブラックに。そして白紙に戻った男を囲む会」を開催。テレビ局やラジオ局の幹部、それに複数のお笑い芸人たちが集められ、大盛況に終わったこの会をもって、宮迫の早期復帰が期待されたが、その後、暗礁に乗り上げているという。

「さんまがトーンダウンしてしまったんです。理由は、宮迫が“処分保留”の状態のため、契約上は、いまだに吉本の所属芸人だということがわかったから。つまり、宮迫が吉本との話し合いのテーブルについて進退をハッキリさせなければならないのですが、宮迫がそれを拒んでいる。さんまは、復帰を後押ししたくても、できないんですよ」(事情を知るお笑い関係者)

 最近の宮迫といえば、時々、親しい仲間とボランティア活動に勤しむだけで、無収入状態が続いている。このままでは、確定申告どころか、家族が路頭に迷いかねないだろう。

「闇営業問題で活動を休止する前まで、宮迫の年収は5億円前後と言われていました。昨年6月までも、約2億円近い収入があったようですから、今年の納税額はその半分近くになるでしょう」(前出の元吉本社員)

 宮迫は、とりあえず吉本との話し合いのテーブルについて、処分問題をクリアにすることが先決ではないか。闇営業にしても、もとはといえば、宮迫が自らの嘘と反社との交際疑惑でコトを大きくしたのが発端だ。このままでは、せっかく救いの手を差し伸べたさんまの顔も丸つぶれで、芸能界でますます生きづらくなるばかりだと思うのだが。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

トレファク引越

しみとり