松本人志、24時間テレビランナー起用プランあった…破談になった理由も明かす

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(56)が11日、フジテレビ系「人志松本のすべらない話」(後9時)で、日本テレビ系「24時間テレビ」のマラソンランナー起用プランがあったことを明かした。松本は「誰にもこの話をしたことがない」と初めて披露する話と説明した。

 松本によると「数年前、実は『24時間テレビ』のランナーに、僕、決まっていたことがある」。自身も「おもろいんちゃうか、やろかな。世間の人もびっくりするし、いいんちゃうかなと言った」と乗り気だったと明かした。

 一方で「照れちゃうし、俺、松本が走る意味が分からないんじゃないかな。走る大義があれば」と感じ、スタッフと話し合っていたという。

 そこで「ダウンタウンガキの使いやあらへんで!」の企画として、相方の浜田雅功と対決して負けたら走るというプランや、「ほとんど俺が走るから浜田がちょっとだけ走る」などの様々な案を1年ほど前からスタッフと出し合っていたと振り返った。

 松本としては「浜田とガキの使いが絡んでこないと、ちょっと恥ずかしいな…」という思いがあったそうで、「スタッフが浜田のところへ話を持っていった」と語った。

 すると結果は「浜田が『1歩たりとも走れへん』って。走って帰ったらしいですけどね」と話にオチを付けて笑いを誘った。松本は「ビックリしましたよ。なんやったんや我々のこの時間は。お蔵入りですよ。今まで誰にもこの話をしたことがない」と話していた。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越