女子アナ人気の土台を築いた2人の“元アナ”の功績

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 現代でこそ女子アナは才色兼備を象徴する「憧れの職業」となったが、黎明期にその“土台”を築いたのが元NHKアナで女優の野際陽子さん(享年81)と、元日本テレビ石川牧子アナ(70)だ。しかし2人が後進に与えた影響は対照的だという。女子アナウォッチャーの丸山大次郎氏は野際を「太陽」、石川アナを「月」にたとえてこう解説する。

「まだ働く女性が少なかった1958年、超難関のNHKに入局したのが野際さんです。最初の赴任地の名古屋で観測史上最大と言われた伊勢湾台風を生中継でリポートするなど花形アナとして活躍しました。その美貌は相当なもので、野際さんの上司だった石田武アナの息子・石田純一は当時の野際さんを見て『普通じゃない美しさだった』と評していました」

 野際は4年後に退局し、広告代理店を経て女優に転身した。 「女子アナとして知的な美女という世間の認知度を高めた上で、『キイハンター』などで大ブレイクした。いまでいう“フリー”で活躍する先駆け的な存在で、後の女子アナたちの活躍の道を照らしました」

 もう1人、女子アナという職業の地位向上に貢献したのが、1970年に日テレに入社した石川アナだ。

「石川さんは報道からバラエティまで広く活躍したマルチなアナ。1977年に始まった『アメリカ横断ウルトラクイズ』の総合司会で有名になりましたが、 1980年にはアフガニスタンの難民女性への取材に成功するなど目覚ましい実績を残しました」

 石川はアナウンス部長として後輩への厳しい熱血指導を行なったことでも有名だったという。

「その指導ぶりは“鬼教官”と呼ばれたほどで、現在は実力派として広く知られる羽鳥慎一アナや馬場典子アナを新人時代の指導中に泣かせたという逸話が残っています」

 その背景には、女性の活躍が難しかった当時の環境がある。

「石川さんは後年バラエティ番組で、『新入社員の頃は男尊女卑が根強く、男性とニュースを読む際には女性は男性よりも1メートルほど下がって読む決まりがあった』と話していた。その中で、確かなアナウンス力を武器に入社27年目で女性初のアナウンス部長にまでのし上がった。表舞台から退いた後も女子アナの立場を高めた人物です」

 2人が残した足跡は対照的だが、アナウンサーとしてだけでなく女性の社会進出にも大いに貢献した点で共通していた。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越