月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 



 風呂なしアパートに住み、夜になると洗面器を抱えて銭湯に通う。そんな日常も今は昔――。風呂付き住宅の普及に伴い、銭湯は衰退産業となった。1960年代に2500以上あった東京の銭湯(公衆浴場)の数は、2005年に1025、2018年には544へと急減している(東京都調べ)。

ところが、足元ではこの下降トレンドに変化が起きつつある。件数が減少する一方で、利用者数で見ると、2018年にはのべ利用者数が2万3000人台で下げ止まり、1日平均入浴人員は前年比で増加しているのだ。中でも、ここ数年は20〜30代の若者から絶大な支持を集めて賑わう銭湯が、高円寺にある。

JR中央線高円寺駅から歩いて5分ほどの細い路地。重厚感のある唐破風(からはふ)の玄関と、屋号の書かれた白いプレートが昭和の風情を醸し出しているのが、昭和8(1933)年創業、今年で87年目を迎える「小杉湯」だ。建物は古いが、寂れた印象とは無縁だ。15時半、午後の営業がスタートするや、入り口ののれんをお客が続々とくぐっていく。常連らしき年配客に加え、20〜30代とおぼしき若い女性客の姿も目につく。

ユニークなイベントで若い世代に訴求
小杉湯3代目の平松佑介氏(39歳)は、ここ数年の客層についてこう語る。「子どもから70歳を超える高齢者までと幅広いお客様に来ていただいているが、自分が小杉湯を継いだ2016年以降はとくに、若い世代が増えた。正確なデータではないが、全体の3〜4割が20〜30代ではないか。男性も多いが、最近は女性がどんどん増えている」。なぜなのか。

若者が小杉湯を知るきっかけの1つになっているのが、ここで開かれるユニークなイベントだ。浴槽をステージにミュージシャンが熱演を繰り広げる「銭湯フェス」、ダンサーが前衛的な踊りを披露する「踊る銭湯」、飲料メーカー、カゴメとのコラボレーションで、トマト色の湯船に入れる「トマトの湯」などの斬新な企画は、SNS上でシェアされ、高い注目を集めている。

小杉湯がこうしたイベントを開くのは、これまで祖父の代から続けてきた「家業」としての銭湯運営を、100年先まで続く「事業」へと転換させたい、という平松氏の思いが背景にある。


国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越