『スカーレット』、禁断愛か?嵐を呼ぶ女の登場にファン騒然

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 戸田恵梨香主演で話題を呼ぶNHK連続テレビ小説『スカーレット』。現在、理想的な夫婦の姿が描かれているが、新キャラクターの登場で、今後、波乱を呼びそうな状況に…。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *

 年が明け1月6日から朝ドラ『スカーレット』(NHK)の後編がスタート。主人公の喜美子(戸田恵梨香)と夫の八郎(松下洸平)は、昨年12月と同様のほほえましい夫婦愛を見せて視聴者をほっこりさせています。

 たとえば6日放送の第79話では、八郎が「喜美子と二人の時間好きや。もうこの時間取り上げられたら生きていかれへんかもしれん」と素直に愛情表現し、喜美子がうれしそうな顔で「誰が取り上げるん。誰も取り上げへんよ」と返すシーンがありました。

 ネット上に「理想的な夫婦」という称賛の声があがる中、8日放送の第81話から新たなキャラクター・松永三津(黒島結菜)が登場。その三津が「嵐を呼ぶ女」として早くも同作のファンたちから恐れられているのです。

 三津はどんなキャラクターで、ファンたちは何を恐れているのでしょうか?

◆すべてが「駆け落ち」のフラグか?

 番組が発表した三津の役柄紹介には、「喜美子が結婚ののちにかまえた、陶芸の工房に弟子入りする若い女性。東京の美術大学を卒業後、全国の焼き物の産地を訪ね歩いてきた。ものおじしない、まっすぐな性格。三津の登場が、川原家に波乱を巻き起こすことに」と書かれています。

 また、三津を演じる黒島さんは自身の役柄について、「突然現れて、多くの影響を与えていく重要な役どころなので、気を引き締めてやらねばと思っています」とコメント。「波乱を巻き起こす」「多くの影響を与える」「重要な役どころなので気を引き締めて」というフレーズに不穏さがにじみ出ています。

 その不穏さの裏付けとなるのが、『スカーレット』のモチーフとなった女性陶芸家・神山清子さんの人生。神山さん自身、「夫が弟子の女性と駆け落ちした」という過去を語っているため、それを忠実に再現するのなら「八郎と三津は駆け落ちする」ということになるのです。

 これまで八郎は「朝ドラ史に残る」と言われるほど、素朴かつ誠実な男性として描かれ、喜美子に対するまっすぐな愛情で「#八郎沼」(“沼”の意味はどっぷりハマる)というハッシュタグが生まれるほど熱狂的なファンを集めています。

 しかし、実際に弟子の三津が登場したことによって八郎のファンたちは、「八郎があれだけ誠実な男性として描かれているのは駆け落ちのフラグでは?」「喜美子と八郎がイチャイチャしているシーンがあるほど駆け落ちの前振りでは?と思ってしまう」「八郎が三津の弟子入りを『何やこの子』とむげに断る最悪の出会い方も駆け落ちのフラグでは?」と早くも疑心暗鬼の状態に。

 ストーリー全体に目を向けても、銀座での個展が迫る中、八郎の創作が行き詰まる。そんなとき喜美子の才能に気づかされ、複雑な心境になる。悩む八郎を三津が励ますことで二人が接近し、それを見た喜美子は穏やかではいられない……。すべてのシーンが駆け落ちのフラグに見え、「やめて」「怖い」「信じたくない」などの声をあげはじめているのです。

黒島結菜は朝ドラスタッフの秘蔵っ子

 もう1つ、駆け落ちのフラグとしてあげておきたいのは、スタッフと黒島結菜さんの関係性。制作統括・内田ゆきさんと、チーフ演出・中島由貴さんは、『アシガール』(NHK)で黒島さんを主演に抜てきし、現場で鍛え上げた言わば秘蔵っ子であり、物語を動かす大役を与えていることは想像に難くありません。これは裏を返せば、「もし本当に駆け落ちするのなら、嫌われ役となる三津をまかせられた黒島さんの真価が問われる」とも言えます。

 当初から同作ホームページの「番組紹介 物語」には、「夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている。どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。」と書かれていました。

 もともと「スカーレット」には、緋色(燃える炎の色)という意味があり、「逆境によって喜美子の才能が燃え盛る」という展開も十分考えられるのです。八郎と三津の駆け落ちが描かれるかどうかは別にしても、喜美子にこれまで以上の逆境が訪れるのは間違いありません。1月下旬の話題をさらいそうなだけに、ぜひチェックしてはいかがでしょうか。

木村隆志
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越