Foorin・住田萌乃、女優で満開 TBS系ドラマ「恋はつづくよどこまでも」出演

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 ヒット曲「パプリカ」を歌い、昨年度の日本レコード大賞を最年少で受賞した少年少女グループ・Foorinのメーンボーカル住田萌乃(11)が、14日スタートのTBS系ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(火曜、後10・00)に出演することが12日、分かった。主演の上白石萌音(21)演じるナース、佐倉七瀬が務める病院で入退院を繰り返す小児科の患者・杏里を演じる。このほど、デイリースポーツの取材に応じ、レコ大や紅白での快挙をへて女優に“凱旋”する思いや、年末の思い出を明かした。

 「パプリカ」を元気に歌い踊ったFoorinもえのが、ツインテールを一つにまとめ、病床の美少女を演じる。三つ編みヘアで取材に答えた住田は「普段の私は、こんな感じです。どちらかといえば、杏里ちゃんに近いかな」とはにかんだ。

 「恋は−」は、新人ナースになった七瀬(上白石)が、あこがれだった医師・天堂(佐藤健)のドSキャラにめげず、純粋な思いを伝え続けるラブストーリー。住田は入院期間が長いため、ナースや天堂と仲がよい「お姉さん」キャラの白浜杏里役を務める。

 「何回も入院してつらいはずなのに『大丈夫、元気だよ』と言ってしまう気持ちを表現するのが難しかった」と役作りには苦心。それでも、小学生でのレコ大受賞という快挙で注目されるプレッシャーには「Foorinのもえのとは違った住田萌乃を見てほし い」と自信をのぞかせた。

 2018年に発売した「パプリカ」が昨年、本格ブレークして歌謡界の頂点に上り詰めた。レコ大本番は、会場でのパフォーマンス後は帰宅し、受賞の瞬間を自宅からのナマ電話で迎えた。

 「Foorinの『フ』を聞いた瞬間に、涙がブワーッと出てきた。でもドキドキと緊張がすごすぎて、よく覚えていないんです」

 メンバーやスタッフとは翌日の大みそか紅白歌合戦の楽屋で再会し喜び合った。

 「(新津)ちせ(9歳の最年少メンバー)は『私、叫んじゃった』って興奮してました。スタッフさんが袋のお菓子をいっぱい用意してくれて、ビールかけ代わりに“お菓子かけ”をしました」

 年明けに「恋は−」の撮影現場に戻ると、共演者からの祝福が待っていた。

 「上白石さんが『おめでとう!』って抱きしめてくれました。そのあと、『うちのレコード大賞です』ってみなさんに紹介してくれた。佐藤さんは包み込むように優しくて、私の学校の勉強を手伝ってくれたりするんです」

 住田が女優を志したのは3歳のとき。ドラマ「Mother」に出演する芦田愛菜を見て、「『私もこういうことやりたい』と母に言ったらしいです。3歳の私にとっても、圧巻の演技だったみたい」と明かす。

 その後、芦田と同じ芸能事務所に所属。14年にはNHK連続テレビ小説「マッサン」に出演するなど、キャリアを重ねてきた。Foorinに抜擢された一方で、放送中の「スカーレット」でもヒロイン戸田恵梨香演じる喜美子の末妹・百合子の幼少期を務め、話題となった。

 将来の夢について「戸田さんのような女優さんになりたい。“その人”にしか見えないくらい演技がすごくてあこがれます。でも歌もダンスも大好き。どっちもできたらいいけど、どうなるかな」と夢は広がるばかり。パプリカのつぼみは、いつか大輪の花を咲かせる。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越