森田剛、V6メンバー「来てほしい」…主演舞台「FORTUNE」開幕

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 V6の森田剛(40)が12日、都内で主演舞台「FORTUNE(フォーチュン)」(13日〜2月2日、東京芸術劇場プレイハウス)の公開稽古を共演の吉岡里帆(26)、田畑智子(39)らと行った。

 同作は英国で最も権威のある演劇賞とされるローレンス・オリヴィエ賞の最も有望な劇作家賞にもノミネートされた英劇作家サイモン・スティーヴンス氏の新作。英国に先駆けて世界初上演が目前に迫り、森田は「いよいよ始まるとドキドキしている。この緊張感は、なかなかない」と苦笑いした。

 演じるのは、恋人・財産・名誉と望むものを全て手にするために悪魔と契約を結び、闇へと墜(お)ちていく映画監督。好意を寄せているプロデューサー(吉岡)に嫌みを言った男性をヤギに変えるなど刺激的なシーンも多いが、「希望にあふれている。複雑で繊細な愛も描かれます」と、作品の魅力を語った。

 難役を演じるが、座長として共演者との交流は欠かさない。ヒロインの吉岡は「かっこいい座長。新年会を開いていただき、おすしをおうちで頂きました」と、森田が妻・宮沢りえ(46)らと暮らす自宅に共演者を呼んだことを告白。吉岡の暴露に森田は下を向いて照れながら聞いていた。

 今年はV6のデビュー25周年イヤー。メンバーの鑑賞予定について「来てほしいですね」。グループの周年活動に対しても「頑張ります」。詳細は語らなかったが、力強く意気込んだ。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越