吉岡里帆は「見た目とは違って…」 V6森田剛が印象明かす<FORTUNE>

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

女優の吉岡里帆が12日、東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスで行われた舞台『PARCO PRODUCE 2020「FORTUNE(フォーチュン)」』(1月13日より同所を皮切りに全国4ヶ所で上演)の公開フォトコール&囲み取材に、共演のV6森田剛田畑智子根岸季衣鶴見辰吾らとともに出席した。

吉岡里帆は「見た目とは違って…」

本作は、『ポルノグラフィー』『ハーパー・リーガン』『夜中に犬に起こった奇妙な事件』など、多くの戯曲を生み出したイギリスの演劇界を牽引する劇作家サイモン・スティーヴンスが、悪魔に魂を売った男の顛末を描いた“ファウスト伝説”を大胆にも現代のロンドンの映画業界に置き換えた意欲的な新作となっている。

初日を翌日に控えた心境を尋ねられると、フォーチュンが想いを寄せる素直でまっすぐな女性・マギーを演じる吉岡は「本当に変化が多い稽古場で、毎日毎日、新しいアイディアと新しい発見がある現場だったので、本番でどういう風にお客様にそれが伝わるのかすごく楽しみですし、本番が始まってお客様が入ってくださって、また鮮やかに届くような舞台なのかなと思っているので、楽しみで緊張しています」と期待に胸を躍らせた。

さらに、吉岡の印象を聞かれた森田は「もうすごいです!見た目とは違って芯があって、すごく男っぽいというか、強い女性だなという感覚があります」と答え、鶴見からも絶賛の声が。吉岡は「恥ずかしいです…」と赤面していた。 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越