テレ東に難題…「バス旅Z」田中要次の“わがまま”ぶりに大ブーイング

 月額100円(税抜)~/容量最大400GB/ロリポップ!

 不定期放送されているテレビ東京の旅番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」は台本なし、仕込みなし、アポなしが売り文句。ローカル路線バスのみを乗り継ぎ、設定したゴールを目指すガチンコ旅だ。かつて太川陽介(60)と蛭子能収(72)という“名コンビ”を生み出したことで知られる。

 2017年3月からは太川&蛭子コンビに代わり、俳優の田中要次(56)と、芥川賞作家の羽田圭介(34)コンビによる新シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」がスタート。今年1月4日には、新コンビによる「バス旅」の12回目が放送された。

 正月の放送とは、さすがに人気番組と言いたいところだが、テレビ業界関係者からはこんな話が聞こえてくる。

「残念ながら、新コンビの評判があまりよろしくありません。前回の太川&蛭子コンビが愛されていただけに、その反動で多少の不人気は仕方ないかもしれませんが、田中&羽田コンビは、回を重ねても、人気が上がる気配がない。昔からの番組ファンのイライラも相当募っているようです。特にリーダーである田中さんを批判する声が多いようですね」

■同情以上に多い「逆風」

 確かに、1月4日放送後にネット上に書き込まれた視聴者の感想は、好意的とは言い難いものが多い。

〈田中さんはうまい飯食いたい、風呂入りたいばっかり。文句も多いし、リーダーシップに欠ける〉〈本当に番組の内容を理解しているの? 学習能力がなさすぎる〉〈やる気あるのかな?〉……。

 芸能ライターのエリザベス松本氏がこう話す。

「中には〈田中要次はもう俳優だけに専念すべき〉〈降板して〉なんて声まで上がっていて、田中さんのツイッターにまで批判コメントが書き込まれています。このまま『バス旅Z』を続けていくことは、田中さんの今後の芸能人生にプラスになるかどうか……」

「バス旅Z」には毎回、“マドンナ”として女性ゲストが登場。3人で力を合わせてゴールを目指し、旅のルートを考えていく。4日のゲストはタレントの井上和香(39)だった。

「放送スタート直後は、『帰りたい』などのネガティブ発言があった井上さんに批判的なコメントもあったものの、中盤から形勢逆転。リーダーらしからぬ田中さんに批判が集まる一方で、チームを引っ張る井上さんの様子に〈もう井上和香がリーダーってことでいいよ〉なんてコメントまで出る始末。井上さんにとって番組出演は間違いなくプラスでしたが、田中さんはまた株を下げてしまった」(エリザベス松本氏)

 もちろん「飯食いたい」「風呂入りたい」は人間として当然の欲求だ。〈田中さんの気持ちはよく分かる〉とうなずくファンもいるようだが、それ以上に逆風が強い。

「田中さんも今さら『バス旅用のキャラです』と釈明するのも難しいでしょう。テレ東としても、このまま手をこまぬいて見ているだけとはいかないでしょうね」(テレビ業界関係者)

 田中といえば、2001年放送のフジテレビ系の連ドラ「HERO」のバーのマスター役で一躍有名になった。逆風をはね返す秘策についても、「あるよ」と妙案を出してほしいもの? 

国内最速・高安定の高性能レンタルサーバー【ConoHa WING】

小林製薬ヒフミドトライアルセット

トレファク引越